人気ブログランキング |

(ローマ人への手紙 12章10-12節)     大谷唯信牧師



「…互いにいつくしみ、進んで互いに尊敬し合いなさい。熱心で、うむことなく、霊に燃え、主に仕え、望みをいだいて喜び、患難に耐え、常に祈りなさい。」



 教会の成長と私達の成長は一つである。しかも成長は神から賜った生命によって神が成して下さるのである。これを受けるには私達が祈りの中で御言葉を実践し、一人一人が生活の中でこれを味わい、自分の体験としての証しを持つことであろう。「この御言葉は本当だった」と確信を持って言い切れるあなたになることだ。サタンの巧妙さに陥らないためである。



サタンの目的は一つ、私達をキリストから、教会から離れさせ、信仰を駄目にする事である。それにはまず喜びと祈りと感謝を奪うのが一番手っ取り早い。気をつけよう。とにかく祈るのだ。常に祈り、主と共にいる思いを持ち続けよう。祈りによって教会に仕えるものは決してつまずかない。御言葉による祈りには神の力が注がれ、国籍の違いや障害さえも神の恵みとして感謝に変えられる。



しかし、感謝のできない出来事にぶつかることも勿論あるだろう。その時こそ信仰によって神に感謝し、神の最善を信じ祈るのである。次に大切な事は霊に燃える事である。赤々と燃えるストーブは何と暖かく何と魅力的であろうか。私達はそのような自分、そして教会になろうではないか。すでに火種は灯され、霊の火は燃えているのだ。これを信仰によって受けとめ大切にしよう。



主の願っているように霊に燃え、主に仕えよう。今や私達が熱源となって互いに尊敬し合うのだ。誰に話してもいつくしみと尊敬の思いをあふれさせよう。受けるより与える者になるのだ。信仰を持って天に宝を積む者となろう。日々、御言葉を実践する者となれ。人からの報いを求めてはいけない。そうすれば神の時の中であなたの人生の流れが静かに、しかし確実に大きく変化していく。望みをいだいて喜び、患難に耐え、常に祈り続けようではないか。






























by oume-akebono | 2019-01-27 14:52 | 週報メッセージ

(ヨシュア記 1章8節)     大谷唯信牧師



「この律法の書をあなたの口から離すことなく、昼も夜もそれを思い‥‥」



私達は自分の中で思う「思い」をサタンに支配されてはならないのだ。サタンはエバを誘惑する時、心に働きかけたのではない。もう一歩深く「思い」に入り込んで来たのである。「女がその木を見ると、それは食べるに良く、目には美しく、賢くなるには好ましいと思われたから、その実を取って食べ」(3:6)とある。心はどんなに強くてもその中にある「思い」によってどうにでも動いてしまうのだ。心を過信してはならない。



神はヨシュアに「わたしはモーセと共にいたように、あなたと共におるであろう。わたしはあなたを見放すことも、見捨てる事もしない。強く、また雄々しくあれ。主が共におられるゆえ、恐れてはならない、おののいてはならない」と約束され、その言葉を「昼も夜もそれを思い」と語っているのである。



サタンは常に私達の「思い」を支配しようと狙っている。サタンは実に狡猾だ。だから箴言4章では「油断する事なく、あなたの心を守れ、命の泉は、これから流れ出るからである」と述べている。しかも「わたしの言葉を心の内に守れ、それは得る者の命であり、又、全身を健やかにする」と語っている。「思い」の中に御言葉を満たすのだ。御言葉に満ちた「思い」で心を支配させる事である。そうすれば必ず身も心も元気になり中心感覚が目覚めどんな時でも安定してくるのである。






















by oume-akebono | 2019-01-20 15:48 | 週報メッセージ

(マタイによる福音書 6章33節)     大谷唯信牧師



「まず神の国と神の義とを求めなさい。そうすれば、これらのものは、すべて添えて与えられるであろう」



誰もが自分の人生がより豊かに、幸せになることを求めていると思う。しかし、神は私達以上に切実にそれを願っているのである。預言者イザヤを通して神は語られた。「わたしは子を養い育てた。しかし彼らはわたしにそむいた」(イザヤ1:2)。その結果「すべての人は迷い出て、ことごとく無益なものになっている。彼らの足は、血を流すのに速く、彼らの道には、破壊と悲惨とがある。そして、彼らは平和の道を知らない」(ローマ3:1617)と現在も変わらないこの世の姿を語っているのである。



そういう中にあってイエスは人間としての本来の在り方、その生き方を示された。それはその人の必要をも満たされる豊かな生き方として示されたのである。


しかし、この世の人から見ると不思議に見えるものであった。何故なら、それは人に対する事でも物に対する事でもなかったからである。「まず神の国と神の義とを求めよ」と神に対応する関係を整える事であった。神の国とは神の支配であり、今日では教会生活である。神の義とは自分の義、人間の義ではなくイエスの十字架によって与えられた義、即ち、十字架のイエスの事である。



これらを求め神の国との関係を深める事によって、必要なものはすべて与えられるとの霊的な法則を示されたのである。まずこれを実践し、霊的法則を体験し霊性を深めようではないか。教会生活のあらゆる出来事の中に霊性を深めるメッセージが隠されているのだ。無駄な事は何一つない。すべてがあなたに必要だから起きている出来事なのである。自分の一番奥深い霊で信仰によって受けとめよう。


















by oume-akebono | 2019-01-13 13:58 | 週報メッセージ

(コリント人への第一の手紙 12章25~27節)   大谷唯信牧師



「あなたがたは、キリストのからだであり、ひとりびとりはその肢体である。それは、からだの中に分裂がなく、それぞれの肢体が互いにいたわり合うためなのである。もし一つの肢体が悩めば他の肢体もみな共に悩み、一つの肢体が尊ばれると、他の肢体もみな共に喜ぶ」



ここに私達の目指す教会を見る。信仰の出来事である。教会には人の数だけのタイプの方々がおられ、これらが一つになる事はまず出来るものではない。



しかし、キリストの教会では、もし私達が切に願い求めるならば出来るのである。それは組織ではなく、人の信念や理想でもなく、また人の主義、価値観でもない。それでは何か!これこそ御霊なるキリストの命によって得られる一致であり、あらゆる違いを超えて一つとされていく神の力、神の恵みなのである。



人は普通、意見の一致、理解、納得によって一つとなろうとする。人との関係だけである。これでは弱い。崩れやすいのだ。私達は、イエスを信ずる信仰によって湧き出る命の泉を持っているのである。井戸はそれぞれ違っても、地中深くでは同じ地下水でつながっている。互いに同じ命の水で生かされている。私に与えられている命が、相手の中にもある。この不思議を、パウロは「キリストのからだなる教会」と言った。これは教理、神学ではない。キリストの命の自然な営みを言ったのである。議論や研究で深まるものではなく、ただキリストを信ずる幼子のようなひたむきな信仰によって得られるのである。




















by oume-akebono | 2019-01-06 14:03 | 週報メッセージ