(ローマ人への手紙 3章25~26節)      大谷唯信牧師



「神はこのキリストを立てて、その血による、信仰をもって受くべきあがないの供え物とされた。それは神の義を示すためであった。こうして神みみずからが義となり、さらに、イエスを信じる者を義とされるのである」



信仰に立つとは神の側に立つ事だ。肉から霊の領域にすでに移されている。



先日聖書の会である婦人に「あなたは神の側に立っていますか」と尋ねると少し考え遠慮がちに小さな声で「えー…、神の側に立つように努めてはいるのでですが、なかなか…です」との返事。信仰歴をお聞きすると10数年、教会でも率先して証しをし奉仕も積極的にこなして下さる中心メンバーの一人である。「あー、真面目に頑張っているのだなあ!」と受け取ったわたしは思わず「そのように感じているのですね。それはネー、わたしの問題です。わたしの牧会の仕方、御言葉の解き明かしに問題がどこかにあるのです」と新たな足もとからの宿題を与えられショックを感じての言葉であった。その婦人は「わたしの勘違いでした」と言って下さったが「あゝそうですか!」と言う訳にはいかない事で両者が取組まねばならない事と思った。



確かにわたし達日本人には謙譲の美徳と言う謙遜の常識的礼儀がある場合がある。普段手が出ないような上等な物でも「お口に合うかどうかわかりませんが…」とか「お口汚しでしょうが…」とか、又、「あなたは永年のクリスチャンだそうですね!」「いや永いのは年数ばかりで信仰はいいかげんでお恥ずかしい限りです」等々の会話は身に覚えはないだろうか。



自分に属するものや自分の事は謙遜して良いが自分に属さないものを謙遜するのは失礼な事である。信仰はどうであろうか。「信仰によって義とされる」「神の義とされるため」と言う神との関係がいつの間にか、私から見た「私と神との関係」即ち、私の信仰で得た義を私の力で支え保持しようとしてはいないだろうか。これは神の側から私達に対しての「神と私との関係」であり神からの賜物なのである。私達はただ神に感謝して受け取り確信を持って生きるべきであろう。






















by oume-akebono | 2018-11-25 15:39 | 週報メッセージ

(箴言24:11)      大谷唯信牧師



「死地にひかれゆく者を助け出せ、滅びによろめきゆく者を救え」



私達は福音のメッセージを聞く時にいつの間にか一つの文化講演を聞くのと同じように聞いてないだろうか。聖書の学び会も一般の読書会のような単なる文化会の一つのようになってないかと自らを問うてみる事は大切である。メッセージを行う者はなおさらのことだ。



私達青梅あけぼのキリスト教会は主の恵みによって育まれ、ある程度の形が少しではあるが見えるようになってきた。これは主の憐みである。私達は実に弱く未熟な者の集まりである。だからよいのだ。私達は弱く未熟であるが故に主は捕えて下さり、これを教会として下さったのだ。教会には神の命があり、救いがあり、私達の思いをはるかに超えている力がある。



教会は主が頭となって未熟で弱い私達を御自分の体とし、世に対する神の救いの遠大な御計画の実践を託されたのである。私達は神に選ばれたのである。さらにまだクリスチャンになっておられないあなたにも神の選びは向けられており、招かれている事を知ってほしい。神は全人類の救いのために私達やあなたを必要とされ、御自分の救いのプロジェクトのメンバーとして用いたいのである。



私達は教会をキリスト教的文化団体としてはならない。今やその分岐点にある。この世は神の光を失い闇につつまれ、人々は罪の滅びの海に投げ出されている事を知ろう。独り子イエスによって救いの御業はすでに成し遂げられている。イエスはノアの箱舟となって人々を招いておられる。「あなたは人間をとる漁師になるのだ」(ルカ5:11)この御言葉を受けとめる者は誰か。
















by oume-akebono | 2018-11-18 16:35 | 週報メッセージ

(ローマ人への手紙 1章1節)      大谷唯信牧師



「キリスト・イエスの僕、神の福音のために選び別たれ、召されて使徒となったパウロ」



わたし達クリスチャンはすでに神の側に召されて立っている者です。どう言う事でしょうか。わたしはわたしであってわたしではないのです。



パウロは自分の自己紹介の一番に自分の事をキリスト・イエスの僕、即ち奴隷と言ったのです。奴隷は言うまでもなく自分を中心に自分の思いのまま動くのではありません。自分の仕える御主人の手足となって忠実に仕える者です。常に自分の側ではなく御主人の側に立ち御主人の心、言葉を聞き、従う者です。この関係の中にいる限り御主人の僕としての身分も安全に保障され御主人の守りの中にいる訳です。「わたしにつながっていなさい。そうすればわたしはあなたがたとつながっていよう。その人は豊かに実を結ぶようになる」とキリストが保障して下さっているのです。



イエスの弟子達は同じ船の中にいながらも突然の嵐に驚き「主よ、助けて下さい。わたし達は死にそうです」と泣きついたのです。主は「何故こわがるのか。信仰の薄い者よ」と言いながら嵐を沈めて下さいました。ルカ八章の同じ記事では「あなたがたの信仰はどこにあるのか」と言われています。弟子達は困難にぶつかると瞬間に神の側ではなく自分(肉)の側に立ってしまったのです。



信仰とは神の側に立ち続ける事です。箴言四章では「油断することなく自分の心を守れ」と言われています。どう言う事でしょう。わたしはわたしであってわたしではないのです。キリストの僕です。すべての事をわたしではなくキリストの名によって取り組むのが忠実な僕です。パウロは「今立っているこの恵みに信仰に立って導き入れられ、神の栄光にあずかる希望をもって喜んでいる」と語り、さらに「患難をも喜んでいる」何故でしょう。患難を喜べる人はいません。しかしイエスの名によって患難を喜んで取り組む時、患難が忍耐を忍耐が練達を、練達が希望を生み出す事がわかったのです。「神の側に立つ」恵みです。




























by oume-akebono | 2018-11-11 16:30 | 週報メッセージ

(マタイによる福音書 18章20節)   大谷唯信牧師



「ふたりまたは三人が、わたしの名によって集まっている所には、わたしもその中にいるのである」。



 このイエスの言葉こそ私たち教会の力の原点である。「集まって」とは単に物理的に集まっている事ではない。一人ひとりが心を開き、互いに向き合い、互いに認め、理解し、受け容れ、尊敬し合う…ここで注意すべきは「ふたりまたは三人」とは「私たち」の事だ、という事である。私たちが主の名によって集まる所には、主御自身が御臨在下さるという約束であり、それは私たちの主体性に委ねておられる事だ。実際にこの事を信仰で明確に意識していただろうか。信仰は常に「主と共に」の意識であるからだ。



 マルチン・ブーバーは人格的出会いを「我と汝」と言い、これが究極的に深まってくると、人間を超えた神との出会いにまで通じると述べた。しかし、人間はこの人格的な出会いを失い、「我とそれ(物)」との関係になっていく、と警鐘を鳴らした。85年も前である。「我とそれ」とは人格的関係ではなく、物との関係、即ち、物は自分の目的のためにあり、自分の必要な時に必要な形であればよく、必要がなくなれば要らない、という典型的な自己中心の考えである。しかも、その関係が人間との関係でも起きてくるとの警告であった。



 ところでどうであろう。今や家庭や教育の場も、どこもかしこも人格的関係ではなく、「我と物」との関係になっているのではなかろうか。先日の新聞(朝日1026日付)で昨年度の小中高のいじめは約414千件で過去最多と文科省が発表と報じている。特に小学生の増加幅が大との事である。



 この世にある以上、教会であっても油断できない。いつの間にかこの世の流れは巻き込んでいくからである。だからイエスは、「わたしの名によって集まるなら、わたしもその中にいる」と言われた。これが大前提なのだ。イエスの名によって向き合うその中に主御自身が御臨在くださり、いかなる時も「万事を益として下さる神」として私たちを導いて下さるのである。



















by oume-akebono | 2018-11-04 18:27 | 週報メッセージ