(コロサイ人への手紙 2章12節)      大谷唯信牧師



「あなたがたはバプテスマを受けてキリストと共に葬られ、同時に、彼を死人の中からよみがえらせた神の力を信じる信仰によって、彼と共によみがえらされたのである。」



救われた信仰の根拠は自分の中にではなくキリストにあり神にある。決して自分ではない。しかし、やがて信仰の弱さを感じると弱い自分をさらに見て焦り、強くするために祈り、御言葉を読みまた自分を見る。一時は強くなったようであるが少し日がたつとまた弱く不安になり、強くならなければと自分に鞭を打つ、…この繰り返しのカラ回りに苦しむ事になる。いつの間にか自分を見て評価し自分の力で強くなろうとしてしまう。真面目な人ほど責任感が強く自分で何とかしなければと思う傾向があるからだ。



パウロもそうであった。ローマ人への手紙6章は彼の受けた完全な救いについての啓示である。これは客観的事実である。美しい富士山を景色として見ているようなものだ。実際に登って見ると道は険しく美しい富士山は見えず瓦礫の山々であり、自分の足もとの一歩一歩の苦しい現実に「わたしの欲している善はしないで、欲していない悪は、これを行っている」「わたしの中に悪が入り込んでいる罪の法則を見る」。



そこでいよいよ自分に全く絶望し自分を見放し「わたしは何というみじめな人間か。誰がこの死のからだから、わたしを救ってくれるだろうか」と主を見上げる。わたしの場合は十字架のイエスが「どうしてわたしをお見捨てになったのですか」と重なり叫んで神に自分の真黒な体を投げ込んだ。絶望の死の中へである。少しして気づくと「わたし達の主イエス・キリストによって神に感謝すべきかな」と歓喜に変っていたのである。



ローマ人への手紙7章は救いの主観的事実なのだ。この罪の自覚は人によって異なるだろうが省略は出来ない。6章で救いの客観的事実を見せ、7章で主観的事実となり恵みの8章に入る。肉が霊へ導かれるためにはローマ人への手紙6章7章8章は常に行き来する。すべてが聖霊の働きである。

























[PR]
by oume-akebono | 2018-09-30 14:29 | 週報メッセージ

(使徒行伝 4章13節)         大谷唯信牧師



「人々はペテロとヨハネとの大胆な話しぶりを見、また同時に、ふたりが無学な、ただの人たちであることを知って、不思議に思った。…」



あの弱かったペテロが驚くほどの変身を遂げた。私はこのペテロの歩みを見る時、いつも慰められ、励まされる。肉の人から霊の人へ変えられていく経過を、共感しつつ見るからである。



いつも失敗してはイエスに叱られていた。常に熱心で思った事はすぐに口に出し行動する。良かれと思ってのことが、結果的には失敗となってしまう。「サタンよ退け!」とまでの叱責を受けたり、ユダの裏切りに激怒し、自分だけはと忠誠心を心から誓ったりした。いつも全力投球なのだ。しかし、ユダと同じ裏切りをしてしまう。どうしてこうなってしまうのか。誰でも自分の人生は、一歩一歩自分の足で歩き、身をもって体験し、初めてその意味が分かってくるものである。事の善し悪しだけならば誰にでもわかるであろう。



73回目となる長崎原爆の日の平和記念式典に史上初めて国連事務総長が参加され、次のように語った。「2017年には核兵器の近代化等に1兆7千億ドル以上のお金が武器や軍隊のために使われた。今までの最高額であり、世界中の人道支援に必要な金額のおよそ80倍にもあたる」と。(2018.8.8.朝日)



この世は平和を求めてはいるが、人を殺す武器の力で互いを牽制し合う中でしか、話しも進められないのが現状である。ダビデは3千年も前に「王はその軍勢の多きによって救を得ない。勇士はその力の大いなるによって助けを得ない。…見よ、主の目は主を恐れる者の上にあり、そのいつくしみを望む者の上にある」(詩篇3316-18)と述べている。



肉と霊の問題なのだ。イエスは霊の次元で語るのだが、ペテロは肉の次元でしかわからなかった。どれほど熱心でも「肉に従う者は肉のことを思い、霊に従う者は霊のことを思う。肉の思いは死であるが、霊の思いは、いのちと平安とである。」(ローマ人への手紙85-6)ペテロはこれが分かったのだ。


























[PR]
by oume-akebono | 2018-09-23 13:00 | 週報メッセージ

(へブル人への手紙 3章7節)     大谷唯信牧師



「今日、あなたがたがみ声を聞いたなら、荒野における試練の日に、神にそむいた時のように、あなたがたの心を、かたくなにしてはいけない。」



主のみ声を聞くにはどうしたらよいのだろう。自分の中に起きる思い、内なる声…どれが自分の思いでどれが神のみ声なのか。その判断は頭で考えても分からない。しかし、聖霊により頼みつつ聖書の御言葉を心で味わい、信じ、自分の心の中で確かなものと信ずることができるまで、確信に至るまで祈るのである。聖書はたくさん読み、流れの全体を知るのも大切であるが、それ以上に大切なのは自分の心に響いた御言葉、自分もそのようになりたいと思えた御言葉を選び、何回も何十回も心で繰り返し、それがその通りだと信じ確信に至るまで、自分の思いとなりきるまで祈り味わう。一つの御言葉によって主を仰ぎ主と共にあり、信ずる信仰によって御言葉が主のみ声であり自分の思いもそれと一つになるように、ご聖霊の助けを願いつつ信仰によって信じ祈るのである。



「聖書は神の約束」「聖書はわたしの信仰」と言い切っていくごとに肉から霊の領域に入り込み、神の臨在に包まれ、自分を見、この世を見る時、そのギャップ、ずれが見えてくる。それが世に対しての生ける証し、メッセージとなるのである。御言葉の霊的世界に深く入るほど語り伝えるべき言葉が湧いてくる。その言葉は霊によって生きた言葉となる。肉の中にあるまま霊のことを語っても、それは単なる知識、情報程度の知識や文字であり、魂を救う力とはならない。「十字架の言は滅び行く者には愚かであるが、救いにあずかるわたし達には、神の力である」(Ⅰコリント1:18)。パウロが信仰を通して神からの啓示を受けての神の言葉である。



求める者には誰にでも与えられる。それはイエス・キリストを信じることが入口である。信じるのは自分の意志で決めれば、今すぐでも新しい人生が始まる。自分で決めなければ何十年たっても始まらない。決めることだ。あとはご聖霊が内なる力、声となって、一生導いて共に歩んで下さるのである。



























[PR]
by oume-akebono | 2018-09-16 16:05 | 週報メッセージ

(コリント人への第二の手紙 4章 11節)   大谷唯信牧師



「わたしたち生きている者は、イエスのために絶えず死に渡されているのである。すれはいえすのいのちが、わたしたちの死ぬべき肉体に現れるためである。」



 「強く生きる」とは多くの人が求めているものの一つであろう。しかし得てして霊的ではなく肉的な強さを求め、結果的には自分を失う事になりかねない。「肉の思いは死であるが、霊の思いは、いのちと平安とである。(ロマ86)



 パウロはイエスと出会い従い行く中で、次々と生きるいのちの法則を体験的に啓示を受けていくのである。「わたし達生きている者はイエスのために死に渡されている」と語る。もう自分を強くしようとはしない。否、弱い方がよい。自分は無価値な「土の器」に徹する。それは自分の生命を日々十字架に掛けて死に渡してしまう事。もはや、強いとか弱い、できる、できない、自分の都合がどうなのこうなの、信仰が弱くて…等々の次元ではない。そのままの自分をイエスと共にイエスの十字架に手渡してしまっているのである。「いつもイエスの死をこの身に負っている」の意識だ。それは「イエスのいのちがこの身に現れるため」であり、さらに「イエスのいのちが、わたし達の死ぬべき肉体に現れるため」と繰り返している。



 正にイエスの語られた「自分の命を救おうと思う者はそれを失い、わたしのために自分の命を失う者は、それを見いだす」(マタイ1625)のイエスの「命の法則」を見るのである。



これらを実現させて下さるのは聖霊の導きにある。聖霊は十字架を通してのみ働く。肉は正しく力ある働きをしていても、やがてゴルゴダにさしかかると弱くなりついて来られなくなる。

肉の力では神の要求を満たすことはできない。弟子達も「心は熱しているが、肉体が弱いのである」(マタイ2641)と言われてしまった。しかしこの弱さから、弱さに立ったところから新しい出発があるのだ。十字架の死に立っていることを新たにし、聖霊のキリストに従おうではないか。
























[PR]
by oume-akebono | 2018-09-09 13:30 | 週報メッセージ

(マルコによる福音書 5章27-28節)         大谷唯信牧師



「女はイェスの事を聞いて、群衆の中にまぎれ込み、うしろから、み衣にさわった。せめて、み衣にでもさわれば、なおしていただけるだろうと思ったからである」



 もう駄目だと思い、

とても出来ないと思ったら、

実際に出来ません。

勝ちたいけど、とても勝てないと思ったら、

間違いなく勝てません。

負けると思ったら、負けます。

何故ならば、この世では、成功は、人の意思から始まります。

何もかも心の在り方一つです。

人生の戦いは、いつでも、強くて、抜け目のない者が勝つとは限りません。

遅かれ早かれ、勝つのは、

勝てると思った人なのです。



 これは信仰の法則を示したものである。これをあなたの信念としなさい。あなたは信じた事しか出来ない。出来ると信じたもの以上は、どんなにしても出来るものではない。堅く信ずれば、あなたの信仰は、あなたの想いを実現させてくれる。信仰はあなたの秘められた力を刺激する。信念を信ぜよ、信仰に頼る事を恐れてはならない。自分勝手に決めた限界を自分に押付けてはならない。生命の続く限り信じ続けなさい。そうすればあなたの能力は伸び続けであろう。「何でも祈り求めた事は、すでにかなえられたと信じなさい。そうすれば、そのとおりになるであろう」(マルコ11:24)

(この詩はガラスの教会を建てた有名なロバート・シュラー牧師の恩師ノーマン・ピール牧師のものである)



 力の源はイェス・キリストへの信仰である。世にある可能性思考以上のものだ。キリストの十字架の死による贖いと復活によって私達人類に神の救いが与えられ、その恵みはすでに完成されている。ただ信仰によって得られるのである。



 冒頭の病の女は絶望以外何もない人物を描いている。彼女はイェスの事を耳にし、藁をも掴む気持で「せめてみ衣にでもさわれば治る」と信じて主にふれ、いやされたのである。主は言われた、「あなたの信仰があなたを救った」と。
























[PR]
by oume-akebono | 2018-09-02 15:06 | 週報メッセージ