(ガラテヤ人への手紙 6章7~8節)       大谷唯信牧師



「人は自分のまいたものを刈り取るようになる。即ち、自分の肉にまく者は、肉から滅びを刈り取り、霊にまく者は霊から永遠のいのちを刈り取るであろう」



私達、あけぼのキリスト教会は現在、神のあわれみと恵みによって大きな霊的な祝福が与えられています。「わたしの名によって二人または三人が、集まっている所には、わたしもその中にいるのである」(マタイ18:20)「わたしの兄弟であるこれらの最も小さい者のひとりにしたのは、即ち、わたしにしたのである」(マタイ25:40)と主は言われました。



私達教会が祝福を受け神の御臨在に満ちた礼拝が与えられているのは、教会の中にこれらの御言葉を祈り実践しておられる「二人または三人」の方がおられると言う事です。何と感謝でしょうか。教会につながり祈りを共にして下さる方、「二人または三人」の方々の御陰で「良い忠実な僕よ、よくやった。あなたはわずかなものに忠実であったから、多くのものを管理させよう。主人と一緒に喜んでくれ」(マタイ25:21)と主は粒の小さな信仰を喜ばれる方です。その喜びが私達教会全体の恵みとして与えられているのです。



人ひとりの小さな働きが主に捧げられていく時、大きな恵みとして神は臨んで下さいます。「わたしの名によって集まる二人または三人」とは教会の事です。私達の働きが、決してわたし一人の個人プレーではなく、たとえ一人で行動している時も、常に教会の出来事、主と共にある出来事としての信仰(意識)に立つ時祝福されるのです。この二人、三人が段々と10人、20人…やがて全員になる事を主は願っています。



働きは一人ひとり異なるでしょう。大きい小さいもあるでしょう。大切な事は私達の生活のすべてが心を尽くして主を愛する心でされる事です。「あなた方のからだを聖なる供え物として献げよ。それが霊的な礼拝である」(ローマ12:1)。こうして先週までお話しした第四の霊の領域が深められ全体が霊的に成長するのです。互いのために祈り合いましょう。




























[PR]
by oume-akebono | 2018-01-28 16:00 | 週報メッセージ

(箴言 4章4:23)         大谷唯信牧師



「油断することなく、あなたの心を守れ、命の泉は、これから流れ出るからである。」



人間は四つの領域を持った存在である事を先週語りました。聖書はその四つの領域(下部参照)の④を特に取り扱っています。④は他の三つを突き抜け超越した存在であり同時に三つの土台となってそれを支え統合しそれぞれの働きを健全に調和させていく力を持っていたのです。



しかし、アダム達はサタンの誘惑に乗り神に逆らいその罪によって神と断絶し、本来の自然体であった神中心から、自己中心となりました。以来、魂の中には「霊」(神我)ではなく「肉」(自我)で満たされ現在も同じです。これがエゴとなって世界のあらゆる場で悲惨な問題を起こしています。その元凶は人間のエゴでありその後ろをサタンが支えている事を聖書は示しています。



人は霊的存在として造られていますから霊の領域に神の霊が注がれてはじめて生ける者となります。イエスは「人はパンだけで生きるのではなく、神の口から出る一つ一つの言葉によって生きる」(マタイ44)又、「人を生かすのは霊であって、肉は何の役にも立たない。私があなたがたに話した言葉は霊であり、また命である」(ヨハネ663)と警告しています。「わたしは命のパン、天から下って来た生きたパンである。それを食べる者はいつまでも生きる」(ヨハネ651)とも語っています。「食べる」とは信じる事です。



①は自分の知識、理解、納得の領域、②は五感等で感じる領域、④は信じ受け入れるしかない領域です。「キリストを受け入れた者、その名を信じた人々には、彼は神の子となる力を与えた」(ヨハネ112)と聖書は語っています。



冒頭の御言葉は大切です。心を守れ、とありますがどう言うことでしょう。信仰に立つと御霊は②と④を一つにします。④は霊が深まるほど②の肉の自分の罪深さが見えて来ます。これは恵みです。悔い改めさらに豊かにされる恵みです。パウロは自らを罪人のかしらと言いました。人の心の中で肉と霊とがぶつかり合う。ここに日々新たな命が発現する不思議があるのです。





≪≪ 私たちの存在を支える4つの領域  ≫≫


① 頭 (知識)     |   ② 心 (感情)


③ からだ(健康)   |   ④ 魂 (霊)  











































[PR]
by oume-akebono | 2018-01-21 15:44 | 週報メッセージ

(創世記 1章27節、2章7節)    大谷唯信牧師



「神(キリスト)は自分のかたちに人を創造された」


「主なる神(キリスト)は土のちりで人を造り、命の息()を吹き入れられた。そこで人は生きた者(=キリストの入る器)となった。」



聖書による人間観は猿からの進化ではなく神による創造です。即ち、単なる動物的存在ではなく神の霊の命を土台とする霊的存在である事を語っています。



下に「私たちの存在を支える四つの要素」としてその領域を示しました。この世の一般の常識では頭、心、からだの統合としていますが聖書ではさらにこの三つの領域を統合しそれぞれの機能をバランスよく機能させ、そのエネルギーの土台となる魂(神の霊なる命を宿す器)を示しています。神の霊なる命とは神のひとり子イエスであり、これを信ずる者の中に聖霊となって住んでくださいます。



故にパウロはイエスを信じ受け入れた方々に「あなたがたは神の宮であって、神の御霊が自分のうちに宿っている事を知らないのですか」と語っています。魂に宿っている御霊は他の三つの領域()を超えており神の霊と直結しています。この次元は肉の領域では感知できません。ブドウの幹につながっていない枝は命が流れないのと同じです。つながっている枝は豊かに実を結びます。



その実とは、愛、喜び、平和、寛容、慈愛、善意、忠実、柔和、自制等の九つの実です。これらは自分の肉の努力ではなく、キリストを迎え神の宮として立っている者に与えられる神からの霊の賜物です。努力で得たものは肉(エゴ)の力となり良い事でも「肉の働き」になってしまうと注意しています。肉の働きとは「不品行、汚れ、好色、偶像礼拝、まじない、敵意、争い、そねみ、怒り…」私達の内面のネガティブなものすべてです。勿論、信仰を持っても肉の働きは出て来ます。しかし心の奥の土台には私達の命に至る水が湧き出す泉があるのです。



「油断する事なくあなたの心を守れ、命の泉はこれから流れ出る」(箴言4:23)。キリストの力です。今年は、この霊性を深める取組みをいたしましょう。





≪≪ 私たちの存在を支える4つの要素  ≫≫


① 頭 (知識)     |   ② 心 (感情)


③ からだ(健康)   |   ④ 魂 (霊)  
































[PR]
by oume-akebono | 2018-01-14 18:59 | 週報メッセージ

(歴代志下 20章12節)       大谷唯信牧師



「…われわれはこのように攻めて来る大軍に当る力がなく、またいかになすべきかを知りません。ただ、あなたを仰ぎ望むのみです。」



ユダの王ヨシャパテは攻めて来る大軍を前にして、祈るしかなかったのです。国の存亡の危機に瀕し、全国民が心を一つにして祈りました。「ユダの人々はその幼な子、その妻、および子供たちと共に皆主の前に立っていた」。(歴代志下20:13) これが大切なのです。敵に応戦するため会議をしたり、武器を集めたり、ではありませんでした。



「アブラハムの子孫は与えられたこの地に住み、あなたの名のためにここに聖所(教会)を建てて言いました。『つるぎ、審判、疫病、ききんなどの災がわれわれに臨む時、われわれはこの宮の前に立って、あなたの前におり、その悩みの中であなたに呼ばわります。すると、あなたは聞いて助けられます。あなたの名はこの宮(教会)にあるからです』と」(歴代志下20:8-9)現代でも、このような状況に立たせられている方が沢山おられるのではないでしょうか。世界情勢は勿論ですが、私たちの身近な生活のなかに、です。



昔も今も信仰の基本は同じです。「第一のものは第一に」、「まず神の国と神の義とを求めなさい。そうすれば、これらのものは、すべて添えて与えられる」。(マタイによる福音書633)到底信じられない事を主の名によって信じる、これを信仰と言います。自分の力量で計れる範囲は何とか信じられるかも知れません。しかし、主ははっきりと不可能を信ぜよと言われます。ダビデは「たといわたしは死の陰の谷を歩むとも、わざわいを恐れません。あなたがわたしと共におられるからです」(詩篇234)と言いました。その信仰の力はどこから来るのでしょう。



「わたしはみ言葉によって望みをいだいたからです」(詩篇11974)と御言葉を自分の信仰告白にしているのです。ヨシャパテも預言者を通して「この大軍を恐れるな、これはあなた方の戦いではなくて、主の戦いだから」と言われた。「彼は地にひれ伏した。」(歴代志下20:18)とあります。今年は私たちも「御言葉で考え、御言葉に立つ信仰告白の恵み」を得る1年にいたしましょう。





































































































[PR]
by oume-akebono | 2018-01-07 17:19 | 週報メッセージ