(イザヤ書 43章 18~19節)      大谷唯信牧師



「あなたがたは、さきの事を思い出してはならない、また、いにしえの事を考えてはならない。見よ、わたしは新しい事をなす。やがてそれは起こる。あなたがたはそれを知らないのか。わたしは荒野に道をもうけ、砂漠に川を流れさせる。」



パウロはパリサイ人であり、律法学者であり、神の言にはすべてに通じている者であったが、本当の意味は分からなかったのだ。その証拠にイエスを迫害する者になっていった。彼は神の律法に取り組み忠実であろうと、誰よりも真剣だったのである。それだけに苦しかったと思う。


でも何故本当の意味、聖書の語る真実が分からなかったのだろう。それは聖書の言葉を自分の知識で理解し、自分の頭で納得し、自分の力で行うことができるように努めていたからである。


彼は気付いたのだ。神の言葉は自分の知的理解で制限するのではなく、まず信じて受け入れ、そのまま味わってみる。そういう謙虚で素直な幼な子のような心が必要だと。その時その言葉を語られている御方の心の真意が伝わってきたのである。「自分なりに」とは聞こえは良いが、受け入れきれないものは拒絶し、反発し、批判し…と心は閉じてしまう。これでは自分以上のものは受け取れない事だ。成長とは自分の殻を破る時に起こる。するとパウロは実感した。「誰でもキリストにあるならば新しく造られた者である。古いものは過ぎ去った。見よ、すべてが新しくなったのである」。



初代教会の「使徒信条」を記しておこう。


「我は天地の造り主、全能の父なる神を信ず。我はその独り子、我らの主、イエス・キリストを信ず。

主は聖霊によりて宿り、おとめマリヤより生まれ、ポンテオ・ピラトのもとに苦しみを受け、十字架につけられ、

死にて葬られ、陰府(よみ)にくだり、三日目に死人の内よりよみがえり、天に昇り、全能の父なる神の右に座したまえり。

かしこより来たりて生ける者と死にたる者とを審きたまわん。

我は聖霊を信ず。聖なる公同の教会、聖徒の交わり、罪のゆるし、からだのよみがえり、とこしえの命を信ず。」



































[PR]
by oume-akebono | 2018-10-28 18:08 | 週報メッセージ