人気ブログランキング |

(詩篇 34:18)   大谷 唯信 牧師



「主は心の砕けた者に近く、たましいの悔いくずおれた者を救われる」




リバイバルとは初代教会が御聖霊の注ぎによって誕生し、その後、御聖霊の力によって多くの人々が救いに導かれたように、今もそれがくり返され起きる事を言う。神はくり返し私たちに御聖霊を注ぎたいのである。


しかし、私達がそれを止めていると神は言われる。「見よ、主の手が短くて救えないのではない。その耳が鈍くて聞き得ないのでもない。ただ、あなたがたの不義があなたがたと、あなたがたの神との間を隔てたのだ。また、あなたがたの罪が、主の顔をおおったために、お聞きにならないのだ。(イザヤ59:1-2)


これは預言者イザヤが一番最初に神から託された言葉にも通じる。「わたしは子を養い育てた、しかし彼らはわたしにそむいた。」(イザヤ1:2)しかし彼らは神にそむいた自覚もないのだ。だから困った時にはその自己中心のままで祈ったりもする。しかし神は言われる、「たとい多くの祈りをささげても、わたしは聞かない。あなたがたの手は血まみれである」(イザヤ1:15)と。


しかし、人はそれほどとは思っていないのである。
信仰とは主に従う事だ。自分の主権を神に明け渡すことだ。そうすればすぐ御聖霊は私達の命となって生ける者として下さるのだが、その明け渡しができないのである。
さらに神は言われる、「もしあなたが快く従うならば、地の良き物を食べることができる。しかし、あなたがたが拒みそむくならば、つるぎで滅ぼされる」と。
 

リバイバルは深い罪の自覚を与え、悔い改めに導こうとする。この働きがないと、クリスチャンであっても自分なりの歩みとなり、エゴと言う肉のクリスチャンになりやすいのだ。パウロはガラテヤ教会の人に「御霊で始めたのに、今になって肉で仕上げるというのか。」と叱咤しているではないか。何としてもリバイバルが必要なのである。祈り求め砕かれることである。
by oume-akebono | 2011-07-18 08:52 | 週報メッセージ

◆猛暑の続く毎日です。皆様お元気ですか。今日も皆様と共に礼拝のできますことを感謝いたします。心からの讃美と感謝を主に捧げましょう。

◆本日の礼拝は夏の霊交会として、明日の午後まで行われております。昨日の土曜早天祈祷会より連鎖祈祷会が始まり、本日の礼拝後も祈りと交わり、証しを中心として進められます。どうぞ、どなた様もご参加ください。

◆尚、津田沼教会より大塚牧師を含め4人の方が参加されます。心から歓迎いたしましょう。

◆宿泊、食事をご希望の方は谷口圭太兄に連絡してください。ご一緒にいたしましょう。

◆先週の水曜日、幼稚園の一学期の美化デーで多くのお母様方の働きにより、教会、幼稚園がきれいになりました。礼拝堂と2階のホールの清掃とワックスがけ、園庭や外回りの草取り等、暑い中を本当にご苦労様でした。感謝いたします。

◆お泊り保育(14日(木)~15日(金))も無事に行われました。19日(火)より夏休みに入ります。

◆20(水)午後3時より市内教会の牧師会が開かれます。




<本日の夕拝 午後7:30~8:30>

エペソ人への手紙 2:1~7

「全てのクリスチャンのために祈れ」

森元國文副牧師

by oume-akebono | 2011-07-18 08:48 | 報告

(使徒行伝 1:5)     大谷 唯信 牧師



「父の約束を待っているがよい。あなたがたは間もなく聖霊によって、バプテスマを授けられるであろう」



復活の主が天に上げられる直前に弟子達に語られた言葉である。弟子達は恐れと悲しみの中で何もできず一室に閉じ籠るしかなかった時であった。「ただ、聖霊があなたがたにくだる時、あなたがたは力を受けて……地の果てまでわたしの証人となる」と約束されたのだ。その時の弟子達にとっては全く理解できなかったことだと思う。

しかし、それがその通りに起きたのである。それ以来、今に至る迄、この世は聖霊の時代となった。聖霊は弱い弟子達を選んで教会を誕生させ、その大いなる神の力は私達青梅あけぼの教会にも及んでいるのである。そもそも今、ここに私達が共にいて礼拝のこの場にいると言う現実も神の御計画の御手の中にあると言う事だ。初代教会と同じ聖霊が今もここに働かれており、大変な世でありながらも、この世はすでに神の国におおわれているのである。

聖書によると、これらの「みわざは世の初めに、でき上がっていた」(ヘブル4:3)とある。不思議に聞こえるが神の国の出来事は天地創造以来、イェスの十字架による救いの完成と聖霊による教会の誕生、そして今の私達の教会に至る迄の出来事は「世のはじめにでき上がっていた」と語るのである。全くまともには信じられないと思える事を聖書は語っている。さらに驚くのは「神はキリストにあって私達を祝福し、み前に清く傷のない者となるようにと、天地の造られる前から、キリストにあってわたし達を選び、神の子としての身分を愛のうちにあらかじめ定めて下さった」(エペソ1:4~)とある事だ。

だから「神の国は近づいた。悔改めて福音を信ぜよ」とイェスは語られる。理解でも納得でもない。神の出来事は信ずるのだ。この世は行きづまっている。しかし神の国は行きづまってはいない。私達の信仰によって解放されるのを今は神が待っておられるのである。
by oume-akebono | 2011-07-18 00:16 | 週報メッセージ

◆梅雨も明け本格的な夏に入りました。皆様お元気ですか。夏休みの計画も考えていることでしょう。今日も共に心からの礼拝を捧げましょう。御聖霊の満ちた礼拝が与えられるよう心を整え祈りましょう。

◆礼拝後のコーヒータイム、昼食はどなた様も、よき交わりの時として御一緒にいたしましょう。

◆壮年セルグループは昼食を共にしながら行います。よろしくお集まりください。

◆昼食後はC.S.教師会が開かれます。教会学校のスタッフは御参加ください。特に「C.S.サマーキャンプ」(7月28日(木)~30日(土)の打合せをいたします。参加者は50名までといたしましたが、すでに60名の申込みがありました。この会のために(参加者・奉仕者100人)祈って下さい。

◆幼稚園では今週14日(木)15日(金)に年長クラスのお泊り会があります。安全に楽しい保育となりますよう
祈って下さい。

◆今週末からの夏季霊交会は土曜の朝7時の早天祈祷会から24時間の連鎖祈祷会、17日(日)~18日(月・休)は一泊の霊交会となります。「御聖霊による深まり」を体験する事ができます。

◆12日(水)青梅市内の牧師会があります。(於:教団青梅教会)





<本日の夕拝 午後7:30~8:30>

 マタイによる福音書 5章3節

「こころの貧しい人たちのさいわい」

大久保真道執事

by oume-akebono | 2011-07-18 00:13 | 報告