2月4日 肉の働きへの対処

(ガラテヤ人への手紙 5章13節)        大谷唯信牧師



「あなたがたが召されたのは、実に、自由を得るためである。ただ、その自由を肉の働く機会としないで、愛をもって互いに仕えなさい」



信仰生活で日々大切なことは「肉の働き」への対処の仕方です。主は聖霊を助け主として与え、導いて下さいます。「それが来たら、罪と義とさばきとについて、世の人の目を開く」と言われました。開くとは「自らを責めさせる」の意味です。そうなればこの世はリバイバルでしょう。しかし現実としては、その前に自分の肉の働きに目が開かれて心が痛み、救われたはずなのに以前よりもっとひどく肉の働きの罪が自分の中にまだまだあることを発見し、何とかそれを取り除こうと戦い、敗北し、惨めな思いを経験する。そんなことはないでしょうか。多くのクリスチャンが無残にも敗れ、敗北感を心に秘め、確信を失っているのを見ます。



 「誰でもキリストにあるならば、その人は新しく造られた者である。古いものは過ぎ去った、見よ、すべてが新しくなったのである」(Ⅱコリント5:17)



 それなのに、なっていない自分を見て焦るのです。人の四つの領域を思い出して下さい(1月14日、21日参照)。①②③はすべて肉なのです。④の魂()の領域に、信仰によってキリストが新しい命となって入って下さいました。国籍は天に移され、神の子とされたのです。これは自分の存在の土台ですから、自分の存在そのものが天に移され、新しくされたのです。基準が心ではなく霊に移りましたから、心の肉が明確に見えるのです。



 肉の働きが見えるのは、霊の命に立っているからです。聖書中の人物でアブラハムからキリストの弟子達まで、肉の働きのなかった者はほとんどいません。霊が成長し深められるほど、肉の働きがさらに分かります。肉の働きがなくなったらどうなりますか。すべてに満足し信仰が駄目になり、黙示録3:17のようになります。肉の働きを嘆いて自分で戦うとこれも肉の働きとなります。Ⅰペテロ2:1のように十字架のもとに捨てる信仰(意識)をもつのです。罪の発見は成長の課題であり、恵みです。喜んで感謝して捨てる。これがディボ―ションとなります。












































[PR]
by oume-akebono | 2018-02-04 19:14 | 週報メッセージ