(ヘブル人への手紙 11:8)   大谷 唯信 牧師



「信仰によって、アブラハムは、受け継ぐべき地に出て行けとの召しをこうむった時、それに従い、行く先を知らないで出て行った。」




信仰は常に自分の殻から飛び出す力となる。人はどうしても自分の知識や経験、これ迄に築いてきた地位、立場にしがみつく傾向があるものだ。安全を求めるからである。確かにそれらは大切なものだ。粗末にする必要は無い。しかし私達は生き、前進しているのだ。


本当に命を燃やし、新しく生きようとするならば、それらのものを心の中ではいつでも捨てられる、否、捨て切っている。その思いが必要なのだが、どうであろうか。持っているものは、持たないかの如くに手放している。ここに自由、自立が生じ、未来に対して不安ではなく、期待と喜びが湧くのである。


イエスは「自分を捨て、自分の十字架を負って私に従ってきなさい」と言われた。現代人の問題は、自分を投げ出せない事だ。過保護の子供が質問されるごとに、自分で返事はせず、親の顔を見ては助けを求める。中高生にも多い。すると隣の母親が、「この子は恥ずかしがりなんです」とか、「ふだんはこうではないんですが、緊張してしまうんです」等と弁明したりする。大人でも本当に自立している人は少ない。強そうにしていても、ただ知識で論理武装したり、自分の立場でものを言っているだけである。


確かに人間として、自分個人の思いを正直に誠意を持って、真実に行動するのは勇気の要る事であろう。だが今や、その真実すら見えなくなっているのではなかろうか。自分の立場から見る真実に、立っているからである。「目あれど見えず、耳あれど聞こえず」なのである。


アブラハムは主に従った。「あなたは国を出て、親族に別れ、父の家を離れ、わたしが示す地に行きなさい。わたしはあなたを大いなる国民とし、あなたを祝福し、あなたの名を大きくしよう」(創世記12:1-2)これは全人類に、私達一人びとりに向けられている、神の招きである。神に従った時初めて人としての自立が起こり、真実の出会いが始まるのである。まずは甘えている自分を捨てるところから始めてみるのはどうであろう。
[PR]
by oume-akebono | 2013-02-11 11:16 | 週報メッセージ

(ヨハネ15:16)        大谷 唯信 牧師



「あなたがたがわたしを選んだのではない。わたしがあなたがたを選んだのである。
そしてあなたがたを立てた。
それはあなたがたが行って実を結び、その実がいつまでも残るためである」




今や神は全人類を神の救いに導かんとして独り子イェスの十字架の叫びと涙を持って私達を選び、招き、語りかけて下さっておられる。神の全人類への語りかけは遠くからではない。一人ひとり個人的に内なる声として静かに語りかけておられるのだ。あなたはそれを聞いているだろうか。否、聞いていない人はいないのだ。何故なら神は創造者として被造物である私達すべての者に例外なく内なる声として、またすべての出来事を通して語り続けておられるからである。


預言者イザヤの「天よ、聞け、地よ、耳を傾けよ、主が次のように語られたから、『わたしは子を養い育てた、しかし彼らはわたしにそむいた…』の如くである。全人類のすべての罪の問題はこれが原因なのだ。人間の神に対する一番大きな罪は、殺し、盗み、争い等ではない。それらは結果として出た事である。国際的問題から個人の家庭問題までその問題の原因は一つなのである。その一つに取り組まずして表面の諸問題に取り組んでもただ絆創膏を貼っているようなもので解決はない。せっかくの教育も訓練も無意味になってしまうのである。


これこそ神を認めず神を信ぜず神を無視し自分を中心に生きている事なのだ。これが神に対する最大の罪なのである。世の中のすべての悪の根源はこの罪であり罪の結果の永遠の滅びの中にある事だ。私達クリスチャンは少数ではあるがこの重大な事を知らされた者ではないか。それは神が御自身の御業をなすために私達を先に選び救いを与えて下さりキリストの教会として下さったのである。神はこの教会を愛し、教会に聖霊を注ぎ御自身が御業をすすめ豊かな実を結ばせて下さるのである。私達に今必要なものは「主が成し給う」の信仰に立って主の招きに大胆に従い、信仰によって教会に仕え神を愛する事である。
[PR]
by oume-akebono | 2013-02-08 09:25 | 週報メッセージ

(マタイによる福音書 5:16)   大谷 唯信 牧師



「あなたがたの光を人々の前に輝かし、そして、人々があなたがたのよいおこないを見て、天にいますあなたがたの父をあがめるようにしなさい。」



 ある青年から「先生、天職と言うものがあるのでしょうか?」と尋ねられた。確かにある。だからと言って簡単に人に示せるものではない。これは一人一人が真剣に求めるべきものであろう。近頃「天職」と言う言葉すら余り聞かない。どんな仕事であっても本人が「もしかしてこれはわたしの天職かもしれない」と思えたならそれは素晴らしい事である。英語等では職業そのものの意味が「神からの召し」「神からの呼び出される」の意味がある。


仕事に就くことは神の招きへの応答としてなされ、家族、社会のためは勿論であるが一番大切な事はそれらを通し、神の栄光をあらわす事に究極の目的があるのである。多くの人が生きるのは自分のため家族のため、で留まってしまうのだが、これを包含し、さらに突き抜けて「神の栄光のため」に結びついた時、初めて真に充実した人生として生きる意味が出てくるのである。
 


クリスチャンは、自分だけ救われればよいのではない。「あなたがたの光を人々の前に輝かし」とイエスは語る。さらに「人々があなたがたのよい行いを見て、神をあがめるようにしなさい」と言われる。それ故、私達は「主の訓練」を受けて自分を磨き輝かす使命と責任があるのである。


私達は神の愛の中で受け身となりいつの間にか「自分なり」と言う「ぬるま湯」になってはいないだろうか。「わたしはあなたのわざを知っている冷たくもなく熱くもない。むしろ、冷たいか熱いかであってほしい」(ヨハネの黙示録 3:15)とイエスは語られている。私達は「今」を全力で生きるのだ。あすではなく「今」を生きるのである。「今」を主に捧げていくのだ。サタンは常に私達の主に従う「今」を奪うのが仕事である。サタンに「今」を奪われてはならない。教会を愛し礼拝、祈祷会に参加しよう。これは主の御心であるからだ。「熱心でうむことなく、霊に燃え、主に仕え」ようではないか。
[PR]
by oume-akebono | 2013-02-08 09:22 | 週報メッセージ

(ローマ人への手紙4:16)    大谷 唯信 牧師



「すべては信仰によるのである」



 あらゆる罪から救われ新しく生まれ変った人生に入るためにはどうしたらよいのであろうか。それは神を信ずる信仰を持てばよいのである。大切なのは神に対しては常に幼な子のように心を開き神を受け入れ「神様信じます。わたしの罪をお許し下さい。」と祈りをもって神に告白することだ。


神は驚くほどの力と愛を注ぎあなたを支え守って下さる事を見る事になろう。これは試して見る価値があると思う。一週間でも一ヶ月でも期間を区切ってでもよいから一度本気で神と対決する位の積りで取り組んで見たらいいのである。これがイエスの言われた第一のいましめの「心をつくし、精神をつくし、思いをつくし、力をつくして、主なる神を愛せよ」(マルコ12:30)の実践になるのである。


聖書は教訓として読んでいたなら全く無意味で力にはならない。「この御言葉が自分の中で実現しますように!」と願い祈り信じつつ読むのである。「つくして」とは集中してである。光もレンズで集中させると燃え上がる火となるではないか。長く、だらだらではない。気を集中させるのである。全身全霊で神を愛しますの決意を集中させて神と向き合うのである。あなたの神への愛が深まって来るにつれ神の愛が自分に注がれている事実を体感するであろう。それに応じて自然と第二のいましめの隣り人を愛する愛、即ち具体的な生活、生きると言う事に対して愛があふれて来るのである。基本は神への愛なのである。


神は初めからすでにあなたに愛を太陽のように照り注いで下さっているのだが、あなた自身が神を愛することによって開かれる心の窓を開かないから神の愛が入って来れないのである。ただ無条件で心の窓をそして扉を開く事である。「見よ、わたしは戸の外に立って、たたいている。誰でもわたしの声を聞いて戸をあけるなら、わたしはその中に入って彼と食を共にし、彼もまたわたしと食を共にするであろう」(黙3:20)霊の命の世界は信ずる信仰で感じ始まり信仰の深みに至らせるのである。神は心をつくした愛の中でお会いできるのだ。
[PR]
by oume-akebono | 2013-02-08 09:20 | 週報メッセージ

(ヨシュア記 1:3)     大谷 唯信 牧師




「あなたがたが、足の裏で踏む所はみな、わたしがモーセに約束したように、あなたがたに与えるであろう。」



神の豊かな祝福は、モーセ、ヨシュアだけに与えられているのではない。神に選ばれたイスラエルの民にである。さらに、それはイエス・キリストへの信仰によって誕生した教会に託され、全世界に拡げられ、現在の私達の教会、青梅の地にある青梅あけぼのキリスト教会にも、与えられている。


それは主の遠大な、歴史的な、しかも現実の御計画であり、主の御心なのである。アブラハムへの主の祝福は、「アブラハムの信仰の足跡を踏む人々」即ち「アブラハムの信仰に従う者にも、この約束が保証される」(ローマ人への手紙4:12,16)と聖書に示されている。これらは「すべて信仰による」(ローマ人への手紙4:16)信仰の出来事、神の出来事なのである。


故に私達はこの約束を信仰によって認め、信仰によって受け入れようではないか。信仰によってこの約束を受け入れるならば、誰もが神の祝福の人生を与えられるのである。しかし、信仰によらなければ何も得る事は出来ない事も、知るべきであろう。


私達は新年を迎えた。全世界の人々が迎えた。これは事実である。理屈抜きであろう。このように事実は理屈抜きである。ただ、受け入れ従うしかない。嫌でも反対でも認めなくても、その事実の中にいるのだ。この新年を物理的現象とただ受け取るならば、ただ一夜明けただけの事である。何ら新しいものではなく、いつもの事であろう。この時を自分の人生の夜明けが始まったと取るなら、全く生きる意味が違って来るのではなかろうか。無意識ではあろうが、これも自分なりではあるが信仰の出来事なのだ。しかし、自分なりでは自己満足と挫折の空回り人生である。


神はヨシュアを通し、私達に驚く程のエキサイティングな人生の冒険と喜びを与えようと、招いておられるのだ。「モーセは死んだ」とは、過去は過ぎた、今から全て新しい人生、主が約束されている人生を歩むよう、招いておられるのだ。「強く、雄々しくあれ。あなたがどこへ行くにも、・・・主が共におられる」と、信仰で歩むのだ。
[PR]
by oume-akebono | 2013-02-08 09:18 | 週報メッセージ

(ヨハネ21:17)     大谷 唯信 牧師



「イェスは三度目に言われた、『ヨハネの子シモンよ、わたしを愛するか』」



ペテロは三度も同じ質問をされると「心をいためてイェスに言った、『主よ、あなたはすべてをご存じです。わたしがあなたを愛していることは、おわかりになっています」と答えたのである。私達もこんな事がないだろうか。自分がわかっている積りの事を何度も言われるとイライラして来るのである。このわかっている積りが問題なのだ。


イェスはペテロがまだわかっていないと見るから言っているのだが・・・。イェスの自分に対する気持ちに少しでも意識がいっていれば「主よ、それはどう言うことでしょうか」と聞けた筈である。これこそ前向きであり謙虚と言うものだ。しかしペテロは「わたしがあなたを愛している事は、おわかりになっています」と相変わらず「わたしが、わたしが」の主張を押し付けているのである。


以前、最後の晩餐の時にもイェスが「今夜、あなたがたはわたしにつまずくであろう」と言われているのにそれに即答して「たとい、みんなの者があなたにつまずいても、わたしは決してつまずきません」と言い切ったのもペテロであった。イェスはさらに「よくあなたに言っておく、今夜あなたは三度わたしを知らないと言うだろう」とまで言われているのに「たといあなたと一緒に死なねばならなくなっても、あなたを知らない等とは決して申しません」と全く非の打ちどころのない程の正解の連発である。


その後これらが現実となりやっと正解ではなく自分の現実と向き合う事になるのである。あの放蕩息子が窮地に立った時はじめて父親を思い出したようにペテロも「イェスの言葉を思い出し、外に出て激しく泣いた」のである。しかしそれでもこの程度である。この世は聖霊によらなければエゴから出られないのだ。この世の知恵は何をやっても正解の言葉遊びである。政治ごっこ、教育ごっこ、又、教会ですら教会ごっことなり得る。まず、イェスの「わたしを愛するか」があってその中に羊を養うすべての働きが成り立つ事を知るべきであろう。
[PR]
by oume-akebono | 2013-02-08 09:08 | 週報メッセージ

(ルカによる福音書2:7) (マタイによる福音書1:21)   大谷 唯信 牧師




「マリヤは月が満ちて、初子を産み、布にくるんで、飼葉おけの中に寝かせた。客間には彼らのいる余地がなかったからである。」

「・・・彼は、おのれの民をそのもろもろの罪から救う者となる・・・」 




今年もクリスマスを迎え、一年の感謝の中で皆様と共に礼拝できる事は、何と幸せであろうか。クリスマスとは私達全人類の罪からの救いのために、神が独り子イエスを救い主として与えて下さった事である。罪とは法的な罪ではなく、もっと根源的な心の状態、即ち、創造主なる神を離れ、無視し、拒絶し、神との関係が断絶している状態を言う。


本来人間は神によって造られ、神を中心に親しく生きる霊的な存在として造られている。しかしいつの間にか神を知らず、又受け入れず、結果的には自己を中心とした、自分なりの生き方が自然となり、自分なりに動いている時は喜びを感じ、そうでないとイライラする迄になっているのが現状ではなかろうか。これこそエゴであり、自己中心なのである。エゴは自分は正しいと言う前提の中にいるのが特徴で、実に自分なりにしか見えていない。人は神を中心にしなければ、自己中心で生きるしかないのである。こうして本来の中心軸が「ずれた状態」を聖書は「罪」と表現しているのだ。


この根源的な人間の「ずれ」の問題に手を打たずして、表面的な人間のあり方や社会のあるべき理想や豊かさを求めているのだが、本当にこれでよいのだろうか。社会も、政治も、教育も、人間が行っているのだ。その人間の心の本質的な問題に、触れずして行っているのである。正に砂の上に家を建てた愚かな人ではないか。あなたの家庭、夫婦、子供は大丈夫なのだろうか。
人は神の愛によって愛の存在として造られているのである。神の愛に満たされなければ、互いを生かす愛を注ぐ事は出来ない事を知ろう。今や全人類が謙虚にならねばならない。神の愛は謙虚なのである。もっと謙虚に自分の人生を見直そうではないか。
[PR]
by oume-akebono | 2013-02-08 09:01 | 週報メッセージ

ルカによる福音書1:38)   大谷 唯信 牧師



「私は主のはしためです。お言葉どおりこの身になりますように。」



 このマリヤの一言の中にクリスチャンとしての信仰の基本姿勢を見ることができる。まずは神に対しての謙遜さであろう。自分を 「主のはしため」として位置づけている。次に神に対しての従順さだ。自分なりにではなく自分の思いでもない、「お言葉どおりこの身になりますように」である。正に身を差し出しているのだ。自分を安全地帯においての社交辞令ではない。正に献身である。


しかし初めからこのように信仰に立っていたのではなかった。マリヤも私達と同じように未知の中に進むときはいろいろ不安や恐れが生じた事がわかる。結婚前なのに「あなたはみごもって男の子を産むでしょう」と言われたのである。今と違って当時、この国では死罪である。一族の恥となる大問題なのだ。即座にマリヤは「どうして、そんな事があり得ますでしょうか。私にはまだ夫がありませんのに」と言ったのも当然である。



その時、御使いは「聖霊があなたに臨み、いと高き者の力があなたをおおうでしょう。それゆえに生れ出る子は聖なる者であり、神の子と、となえられるでしょう」と言い、親族のエリザベツも老年であり不妊の女と言われていたのに子を宿し、はや六ヶ月になっている事を知らされたのである。その言葉によって彼女は迷いを捨てて、これらを信ずる信仰に立つ決断をしたのであった。何事もそうであるが特に信仰に関しては自分の意思で決定しなければ始まらない。


よくある事だが、「信じられるようになったら」とか「その気になったら」とか自分の気分や感謝が起るのを待っている人は意外と多い。これでは余程の大事件に巻き込まれ自己決定を迫らなければ何年たっても何事も始まらないだろう。待つのではなく聞いて自分の意志で決意をし、信じ続けながら従う時、主の奇蹟は始まるのだ。聖霊の招きを心に感じるならばマリヤの信仰に立ち、信仰によって歩むべきであろう。これこそ人生最高の冒険である。
[PR]
by oume-akebono | 2013-02-08 08:58 | 週報メッセージ

(エペソ6:10-11)     大谷 唯信 牧師




「主にあって、その偉大な力によって、強くなりなさい。悪魔の策略に対抗して立ちうるために、神の武具で身を固めなさい」



信じよう!あなたはキリストを信じる信仰によってすでに圧倒的に強くされているのだ。「あー、そう言われたから強くならねばいけないのだ」と教えとして受けたり、教訓とし受けたり理解するのではない。かつてペテロとヨハネが宮もうでに行った時の事を思い出して欲しい。生まれながらの足のきかない男に「イェス・キリストの名によって歩きなさい」と言い彼の右手を取って起こしてやると足とくるぶしとが、たちどころに強くなって、躍り上がって立ち、歩きだした」(使3:6-7)とあるではないか。


男は励ましや教訓として受けたのではなかった。事実の出来事として信じて立ち上がったのである。その時に言葉が神の力となって信じたとおりになったのである。私達は御言葉を聞く時、余りにも教訓、教え、励まし、さとし、として受けていないだろうか。「よいお話を聞きました。心して頑張ります!」の図式ではなかろうか。これも悪魔の仕業である。


悪魔は実に賢く、御言葉に反対したりしない。自分の姿は決して見せない。私達の心の内に語りかけ、私達が悪魔からではなくて、自分の考えで決めていると思えるように働くのである。クリスチャンであっても悪魔の存在をはっきり認めこれに乗せられないように意識して用心している者がどれだけいるだろうか。ほとんどいないのではなかろうか。それほど悪魔は巧みなのである。神の御言葉をもっともらしい教えや教訓に変え平板な文字や言葉にしてしまう。そこにはもはや何の力もない。御言葉への理解はあっても信仰がないからである。悪魔はこの世の諸教会から御言葉への信仰を奪い、ありがたい教えや教訓、深みのある神学研究に向わせ神の力を失わせているのである。だからパウロは「どんな時でも御霊によって祈り、そのために目をさましてすべての聖徒のために祈り続けよ」(エペソ6:12)と語るのである。
[PR]
by oume-akebono | 2013-02-08 08:55 | 週報メッセージ