(ガラテヤ5:16)     大谷 唯信 牧師


「御霊によって歩きなさい。そうすれば、決して肉の欲を満たすことはない」 



信仰生活は霊的出来事である。しかし、肉の力で押し進めていることが実に多い。有能で自信のある人ほどそうなりやすい。まわりからも喜ばれ感謝され新たな生きがいともなる。しかし信仰生活は霊的出来事なのである。それなのにこれを肉の力で維持するとなるとやがて苦しくなる。勿論、自分の調子の良い時、気分が乗った時には快調で、どんなに大変でも生き生きと楽しく出来る。クリスチャンになって良かったとも思う。自分が肉の力でやっている等とは到底思っていない。何をしても楽しい。


しかし自分の限度を越えてくると肉の部分が悲鳴をあげてくる。霊的にはまだ幼く力がないからだ。実はここからが第一歩が始まる。こう言う現実を通して肉が自覚され、イェスの十字架の命に導かれるのである。信仰に入った途端に完全になるわけではない。救われた事はゆるぎない事実である。しかし神の器としてはまだまだ未熟で多分に肉的であるのが現状だ。


パウロはコリント教会に「わたしはあなたがたには、霊の人に対するように話す事が出来ず、むしろ肉に属する者、即ち、キリストにある幼な子に話すように話した。食べる力がなかったからである。今になってもその力がない」(コリントI3:1-2)と語った。何かトラブルがあると傷ついたり腹が立ったりする。その部分がまだ肉である証拠なのである。


「あなたがたの間にねたみや、争いがあるのは肉の人だからだ」、即ち、相手の問題ではなく自分の肉の問題なのである。この自分の肉に気づいたらその時は痛いが成長は早い。「自分の肉を、その情と欲と共に十字架につけて」(ガラテヤ5:24)しまう信仰に立てばである。誰もが通る所だ。痛みを感じたそれに比例してその部分は新しくされていく。常に肉を捨て霊に生きる信仰に立とう。
[PR]
by oume-akebono | 2012-06-27 17:59 | 週報メッセージ

◆6月最後の礼拝を迎えました。時がたつのが早いですね。台風4号の影響で天候不順の日々でしたがやっと晴れてきました。本日も皆様と共に礼拝できますこと感謝いたします。心からの礼拝を献げ思いを新たにいたしましょう。

◆本日は第二礼拝にて村山恵子姉の信仰告白とバプテスマ式が行われます。皆様のますますの祈りと支えをお願い致します。

◆礼拝後の昼食、コーヒータイム等、皆様とのよき交わりの時としてどなた様も御一緒いたしましょう。

◆昼食後、本日は各会の集いがあります。壮年、女性会、青年、中高生の各会の集いです。どうぞ、それぞれの集いに御出席下さい。互いに恵みを分ち合い御名を感謝いたしましょう。

◆夕拝に御参加下さい。

◆明日25日(月)10時半~14時、大久保教会にて東京地方連合西地区の牧師・牧師配偶者会が開かれます。大谷牧師、相山執事が出席予定です。

◆今週土曜日(30日)午後1時より東京地方連合女性会西ブロックの研修会が青梅あけぼの教会で開かれます。講師は河辺のグレイスクリスチャンフェローシップ牧師のジョナサン・ウィルソン先生です。女性会以外の方々も是非御参加ください。

◆30日(土)夜8時より定例の執事会です。




<本日の夕拝 午後7:30~8:30>

コリント人への第1の手紙 2章1~2節 

「主イエス・キリストを知る知識」

森元國文副牧師

[PR]
by oume-akebono | 2012-06-27 17:55 | 報告

(マタイによる福音書8:8)   大谷 唯信 牧師



「イエスはこれを聞いて非常に感じられ、ついて来た人々に言われた、『よく聞きなさい、イスラエル人の中にもこれほどの信仰を見たことがない』」



 これほどイエスを感じさせた信仰とはどんな信仰か。イスラエル人の中にも見た事がないと言う人物、いったいどんな人物なのだろう。それはローマの軍人、百卒長であった。祭司でも律法学者でもなかった。律法の中で厳格に生きているパリサイ人でもなかった。イスラエル人から見れば異邦人であり、しかもローマの軍人であったのだ。これは驚きである。


信仰についての世界ではこの世でとかく問題にされる学歴、知識、社会的地位や経験、性別、年令等一切関係ない事が分かる。勿論この世の社会では必要であり大切なものだ。だが信仰に於いては関係ないのである。パリサイ人でありユダヤ人の指導者ニコデモでさえイエスは「誰でも新しく生まれなければ神の国を見る事は出来ない」(ヨハネ3:3)と言われたのだ。即ち「ニコデモよ、それでは駄目だよ」と言う事だ。それなのに多くのクリスチャンが「ニコデモ信者」になろうとしている。勿論学ぶ事は大切であり聖書知識も必要であろう。


しかし、信仰と知識とは全く別物であり、どんなに博学な知識であっても信仰の代価とはならない事を知るべきであろう。私達の信仰生活は慣れるに従っていつの間にか信仰が積み上げて来た聖書知識、経験にすり替わっているのだ。これでは真面目であって熱心であっても肉的な力は強化されベテランにはなるが霊的な力は出てこないのである。御霊の実ではなく肉の働きになってしまうのだ。ここで霊的成長は止まる。気をつけよう。信仰そのものは実に単純なものだ。


「幼子の如く」である。難しくしてはいけない。百卒長は「主よ、わたしの屋根の下にあなたを入れる資格はございません。ただお言葉を下さい。そうすれば僕はなおります」と言ったのだ。この謙虚さ、イエスへの信仰こそがイエスを動かした。「行け、あなたの信じた通りになるように」ちょうどその時に、僕はいやされたのである。
[PR]
by oume-akebono | 2012-06-26 00:41 | 週報メッセージ

6月17日 週報より

◆皆様お元気ですか。気候もはっきりしない毎日ですが今日も共に心からの礼拝を捧げる場が与えられ感謝いっぱいです。主をほめたたえる賛美もしっかりと声を出し、心を注いで歌い上げましょう。

◆本日の第一礼拝は父の日礼拝です。日頃できそうでできていない父への感謝を心を込めて表しましょう。同時にこのような家族を与えて下さっている神様に感謝いたしましょう。

◆昨日は恒例のあけぼのバザーが開かれました。天候は雨を予測して室内で開くよう準備していたのは正解でした。懐かしい方々の出会いも沢山あり、大変な盛況ぶりで楽しい会となりました。委員の方々を始め多くの方々の御協力により大人も子供も元気いっぱい楽しみつついろいろな学びをした1日となった事でしょう。

◆昼食は皆様と御一緒にいたしましょう。良き交わりの時として下さい。

◆本日は昼食後C.S教師会が開かれます。教師の方々の出席をお願い致します。

◆次週は村山恵子姉の信仰告白とバプテスマ式が予定されています。覚えてお祈り下さい。





<本日の夕拝 午後7:30~8:30>

ヘブライ人への手紙12:1~3 

「イエスを見つめながら走り抜く」

谷口圭太兄

[PR]
by oume-akebono | 2012-06-26 00:38 | 報告

(イザヤ書1:2-6)  大谷 唯信 牧師



「わたしは子を養い育てた、しかし彼らはわたしにそむいた」



 これは神が親子の断絶のみならず天地の創造主なる神と私達との断絶が親としての悲痛な叫びとなって予言者イザヤに語らせているのである。小さな陰での出来事ではなく全宇宙的な全人類の滅亡の出来事として全世界に語っているのだ。


「天よ聞け、地よ、耳を傾けよ」との語り出しから見ても神の胸中を窺い知る事ができるのではなかろうか。正に「親の心子知らず」である。イソップ物語りのような昔話ではない。何年経とうが本来あるべき神中心の人間がいつの間にか神を捨て自分を中心に生き、今やそれが当然の事として、恥じることも無く却って自己の誇りとさえ感じる迄に、又、完全に自己中心の罪に捕らえられ、罪の奴隷よろしく振りまわされているのを自由とさえ感じる哀れな姿を神は嘆いておられるのである。教訓ではなく今の人間の現実を語られているのだ。


現代も昔も人は全く変わっていない、「彼らは悪を呼んで善と言い、善を呼んで悪と言い、暗きを光として、光を暗きとして苦さを甘しとし、甘さを苦しとする」「無知のために、とりこにせられ、その尊き者は飢えて死に、もろもろの民は、かわきによって衰えている」、「おのれを見て賢しとし、自らを顧みてさとしとする」。イザヤが神の啓示によって語った言葉は年代も国もすべて超えて人間に語られているのだ。私達に語られているのである。


「あなたがたは、どうして重ね重ねそむいて、なお打たれようとするのか。その頭はことごとく病み、その心は全く弱り果てている。足のうらから頭まで、完全なところなく、傷と打ち傷と生傷ばかりだ」と人間よりも神御自身の方が苦しまれておられる事を御存じだろうか。ついに神は独り子イエスを私達に送って下さり十字架の御業によって救いの道を備えて下さったのだ。今こそ神の愛に帰ろうではないか。神の愛に生かされようではないか
[PR]
by oume-akebono | 2012-06-10 23:20 | 週報メッセージ

◆6月に入り早くも梅雨入りを思わせる天気が続いておりますが、皆様お元気ですか。今日も皆様と共に礼拝できますこと感謝いたします。御言葉によって心を新たにされ力強く新しい一週間のスタートをいたしましょう。

◆昨日は谷口圭太兄、相山和未姉の結婚式が行われました。おめでとうございます。教会の皆様の沢山の
方々に御奉仕をしていただき心から感謝しております。御二人のこれからの歩みのために続けてお祈り下さい。

◆いよいよ今週の土曜日(16日)あけぼのバザーが行われます。(午前10時~12時)皆様の出席とご協力をよろしくお願い致します。

◆本日のC.S.教師会と祈り会は来週に変更されました。本日は美化デーとして教会の内外をきれいにいたしましょう。

◆来週の第一礼拝は、父の日親子礼拝ですので、お父さんを教会につれて来て下さい。




<本日の夕拝 午後7:30~8:30>

テモテへの第二の手紙 2:8

「クリスチャンの特権」

相山喜祈兄

[PR]
by oume-akebono | 2012-06-10 23:16 | 報告

(エペソ人への手紙 3:16-19)  大谷 唯信 牧師



「御霊により、力をもってあなたがたの内なる人を強くしてくださるように、また、信仰によって、キリストがあなたがたの心のうちに住み、・・・人知をはるかに越えたキリストの愛を知って、神に満ちているもののすべてをもって、あなたがたが満たされるように」



「内なる人」とは心の一番奥にある霊である。「主なる神は土のちりで人を造り、命の息をその鼻に吹きいれられた。そこで人は生きた者となった」(創世記2:7)と聖書に象徴的に描かれているように、人は単に死んだら土に返るもの以上に特別に、霊的存在として創造されている事を知るべきであろう。


霊は思い、感情、意志よりも深く、これらを支えている根源的な力であり、霊的な命なのである。パウロはこれを「内なる人」と呼び、キリストを信じ心に迎えた時、「信仰によってキリストがあなた方のうちに住み」と語っている。キリストが御霊となって私達の中に住んで下さるという事だ。


神はイエスが天に上げられた後、パウロを立て、助け主なる聖霊が私たちにどのように働き、また、私達がどのようにすれば、その力を得ることができるのかを啓示し、私たちに分かりやすく語らせているのである。「内なる人」が強められるごとに霊の感覚、霊の働き、霊の力等の霊の原則が分かり、ごく自然に御言葉に生かされ、自由にされている喜びが出てくるのだ。


かつての人間的努力や肉で頑張っている時と比べると正に、「人を生かすのは霊であって肉はなんの役にも立たない」(ヨハネによる福音書6:63)ことが実感となって来るのである。パウロは自分の生身をもって自分の肉から始まりキリスト、御言葉、聖霊が自分をどのように捕らえ聖霊に導かれ、キリストに似る者とされていくのかを、自らの体験をもって私達に語っている。
このパウロは神が私達のために立てて下さったのである。何と感謝な事か。彼の苦しみ、葛藤、肉との戦い、信仰による勝利と確信。これはパウロの正直な生き様であると同時に、私の生き様でもあるのだ。パウロに倣ってキリストに歩み、内住のキリストの恵みにあずかろうではないか。
[PR]
by oume-akebono | 2012-06-10 23:13 | 週報メッセージ

6月3日   週報より

◆6月を迎えての最初の礼拝です。お元気ですか。ゴールデンウィークも終わり、職場も学校もいよいよ本格的な取り組みとなったことでしょう。それだけにこの礼拝を大切にし霊とまことをもって礼拝いたしましょう。

◆本日は第二礼拝にて主の晩餐式が行われます。イエス・キリストの十字架の死と復活を覚え、私達のためになされた救いの御業を思い感謝してお受けいたしましょう。

◆礼拝後のコーヒータイム、昼食等は良き交わりの時として、どなた様もご一緒にいたしましょう。互いにお誘いして下さい。

◆本日は昼食後、定例のいずみ会が開かれます。会員の方はご出席下さい。夏に向けての教会の歩み、活動について相談いたします。教会の現状、働き、そしてこれからの課題を共に祈り、互いに建て上げて行く会といたしましょう。

◆新しく植える花が沢山準備されています。皆様のご協力がありますなら、短い時間で出来ます。教会の外まわりを美しくいたしましょう。

◆教会生活の基本として、礼拝とその他の何らかの集会に一つは出席するようにいたしましょう。

◆相山知寛兄は無事退院し、今迄の研修生活に戻りました。引き続きお祈り下さい。

◆今週土曜(9日)谷口圭太兄、相山和未姉の結婚式が行われます。おめでとうございます。どうぞお祈り下さい。

◆先週の霊交会は28名の出席があり、祝された時間を持つ事ができました。感謝です。






<本日の夕拝 午後7:30~8:30>

マルコによる福音書 10:17~31  

「人にはできないが、神にはできる」

大久保真道執事

[PR]
by oume-akebono | 2012-06-10 23:09 | 報告

(ローマ人への手紙 8:13-14)  大谷 唯信 牧師



「霊によってからだの働きを殺すなら、あなたがたは生きるであろう。すべて神の御霊に導かれている者は、神の子である」 


神は独り子イェスの十字架の死と復活により全人類の罪の贖いの業を成し遂げイェスが天に上げられた後、約束通り弟子達に聖霊を助け主として注がれ、教会を誕生させたのである。それは「全世界に出て行って、すべての造られた者に福音を宣べ伝えよ」(マルコ16:16)との世界宣教の大使命を教会に託したのであった。  


教会は有能な指導者によって誕生したのではない。迫害に対して全くの無力無能の状態であった。ただ聖霊に生かされ、神に生かされたのだ。それは「みんなの者が一緒に集まっている時であった。一緒に集う事がいかに大切な事であるか。ただ集まるのではなくてイェスの聖霊の約束を信じ従ったのである。私達は礼拝出席にしても、自分の意思、自分の都合、自分の気分、立場上の義務、自分の計画等々、何と多く自分の側に立っている事か。これらはすべて肉なのである。


肉は何の役にも立たないのだ。弟子達は肉の思いどころか、イェスの十字架と死によって失望と落胆が大きく復活もわからず、ついに万策尽きていた。万策尽きたお陰でイェスの約束を信じ、これにすがる他はなかったのである。何と弱々しい事か。しかし、これが良かった。弱かったから強くされたのだ。この信仰の原理を大切にしよう。


パウロは自分の弱さを嘆き祈ったところ、「わたしの恵みはあなたに対して充分である。わたしの力は弱い所に完全にあらわれる。」との啓示を受けた。すごいのはそれに対するパウロの姿勢だ。「それだから、キリストの力がわたしに宿るように、むしろ、喜んで自分の弱さを誇ろう。わたしはキリストのためならば、弱さと、侮辱と危機と迫害と行き詰まりとに甘んじよう。何故なら、わたしは弱い時にこそ、強いからである」と。弱さはパウロの現実であり、強さは信仰によっての主の強さである。
[PR]
by oume-akebono | 2012-06-01 00:39 | 週報メッセージ

◆5月も終ろうとしています。新緑もだんだん濃くなってきましたが美しい山々です。わたし達も今日の礼拝を感謝し心からの讃美を主に献げましょう。

◆本日はペンテコステ(聖霊降臨)礼拝です。主の約束の聖霊が降り、キリストの教会が誕生した記念の礼拝です。

◆本日は春の一日霊交会の日です。昼食後より始めます。まず、私達の「教会の祈り」を確認し、わたし達の霊的成長と共に教会成長を求め、学びと分ち合いの時といたします。教会員の方々は全員出席をお願いします。

◆相山知寛兄は21日(月)無事に手術も終わり順調に回復に向っています。続けて皆様のお祈りをお願いします。

◆大谷牧師は明日より企業研修のため河口湖に出張いたします。

◆2日(土)午後8時より定例の執事会です。





<本日の夕拝 午後7:30~8:30>

ガラテヤ人への手紙3章26~29節

「キリストを着たのである」

森元國文副牧師

[PR]
by oume-akebono | 2012-06-01 00:36 | 報告