(ガラテヤ5:16)    大谷 唯信 牧師



「わたしは命じる。御霊によって歩きなさい。そうすれば、決して肉の欲を満たす事はない」



教会のエネルギーの源泉は御霊にある。御霊によって歩いている教会は状況がどういうものであっても豊かに成長する。私達の教会はこの霊的成長による教会の成長を願っているのである。一般論ではなく、現実の私、またあなたが本当に豊かに成長しているかどうかの課題である。これは絶対おろそかにしてはならない点だ。何故なら、私達は働きや奉仕がいつの間にか肉によるものになってしまう傾向があるからである。


実にこの肉が私達を得意にさせたり、落ち込ませたり、教会から離れさせたりするのである。しかも肉にある時は自らの肉には気づかない。それどころか自分の一生懸命の中で固く信仰に立っているとさえ思えてしまうから困るのである。勿論聖書を読み祈りもする。だが、どこか慣れてしまって自分なりになっており、その心の奥の思い、肉に根ざした動機に気づかないのである。御霊によって霊が開かれて来ると肉が見えて来るのだが、それをまたうっかり肉で制しようとするからいつの間にか肉の働きに移行してしまう。余程大きな問題となって初めて気づいたりするがその時は被害甚大となったりするのである。これらはクリスチャンの成長過程で誰もが経験する事ではなかろうか。


ではどうしたらよいのだろうか。こう言う時にブックマンの提唱するあの「絶対の四つのことば」を用いるのは良いと思う。絶対の正直、絶対の純潔、絶対の無私、絶対の愛である。即ち自分の行動や発言しているその時々の心をこの四つの言葉で照らして吟味するのである。肉の働き(不品行、汚れ、好色、偶像礼拝、まじない、敵意、争い、そねみ、怒り、党派心、分裂、ねたみ、泥酔、宴楽、及びそのたぐい(ガラ5:29)が含まれていないかどうかを吟味するのである。これらは肉で制する事は絶対に出来ない。肉を見つけたら直ちにキリストの十字架で殺してしまう事だ。教会への聖なる働きが肉の力で押し進められるようサタンは仕掛けてくるから気をつけよう。
[PR]
by oume-akebono | 2012-02-12 22:46 | 週報メッセージ

◆お元気ですか!朝夕の寒さは相変わらずで車も水道も凍りついていますが、こうして皆さんと顔を合わせ元気に礼拝を捧げ、讃美の声を響かせることができ本当に感謝ですね。今日も神様からの祝福を沢山受けて御名を崇めましょう。

◆第二礼拝後のコーヒータイム、昼食は互いの良き交わりの時になりますので、是非御一緒にいたしましょう。

◆本日は、午後1時半より、宣教師ティム・コール先生をお招きして、青年男女のあり方、性倫理、その他大切な問題を取り上げ学び分ち合う時を持つことにいたしました。青年以外の方々、高校生も、また、壮年・女性会、CS教師の方々にも必要ですので、是非御出席ください。

◆その後4時からは、信道牧師による、セルリーダー研修をいたします。今リーダーをしている方、又、その希望のある方は御出席ください。

◆幼稚園、ももぐみ、ひよこぐみの園児募集に御協力ください。尚、22日(水)はももさんの公開保育があります。

◆小羊会、教師会は、次週の予定です。

◆相山知子姉は今、体調をくずし食事が困難になっています。お祈りください。





<本日の夕拝 午後7:30~8:30>

コリント人への第一の手紙13:1-4

「愛がなければ」

谷口圭太兄

[PR]
by oume-akebono | 2012-02-12 22:44 | 報告

(詩篇 119:130)   大谷 唯信 牧師



「み言葉が開けると光を放って、無学なものに知恵を与えます」



聖書の御言葉は不思議である。読む人のその求める心に応じて響き、立つ力となるのだ。ただ読んでいればどこにでもある教訓程度であり、その場限りのものとなる。しかし、「キリストの十字架は我がためなり」の信仰で御言葉を読むならば神の力となって私達の人生を変える。「十字架の言は滅びゆく者には愚かであるが、救いにあずかる私達には神の力である」(Ⅰコリント1:18)となるからだ。


これは誰もが体験できるし、日々体験するべきであろう。特に生死にかかる困難に直面した時、即ち、人が言葉を失った時、余りの絶望に人の言葉は黙さざるを得ないその時、聖書の言葉は何と深く戒めに満ち輝くものであるかがわかる。御言葉は「悲しむ者」、「貧しい者」、「渇ける者」にとっては霊の食物、霊の命となりさらに、「霊の人」とされていくのである。私達はますます肉ではなく霊の人として豊かになる事を求めようではないか。


霊の人が御言葉を語るとそれは霊の言葉となり相手の霊に注がれ驚くほどに元気を与える事になる。しかも、霊を持つ人はどのような人にも自由に対応できるようになる。「み言葉が開けると光を放って無学なものに知恵を与える」からだ。私にではなく御言葉に力があるのである。「キリストの言葉を、あなたがたのうちに豊かに宿らせなさい」(コロサイ3:16)とあるが「宿らせる」とは単に記憶する事でも研究する事でもない。御言葉を味わい、思い、吟味し、御言葉の中にどっぷりと自分を漬け込み御言葉をいちいち言わなくとも全身から御言葉の香りが何気ない仕草に出て来ると言う事である。だがそうならない。「復活の信仰」がはっきりしないのだ。罪が救われた信仰で止まっているのである。大切なのはここからなのにである。


「あなたがたはバプテスマを受けて彼と共に葬られ、同時に、彼を死人の中からよみがえらせた神の力を信じる信仰によって、彼と共によみがえらされたのである」(コロサイ2:12)。この復活の信仰に立った時、この世に対して攻めの信仰で堂々と立ち向かえるのである。
[PR]
by oume-akebono | 2012-02-09 09:17 | 週報メッセージ

2月5日   週報より

◆2月を迎えました。こうして1週間ごとに皆様と共に礼拝に集うことが許され感謝いたします。今日も寒さに負けず心からの礼拝を捧げ、讃美と感謝の心を捧げましょう。

◆本日は第二礼拝にて主の晩餐式があります。独り子イエス様の十字架による死と復活を覚えて感謝してお受けいたしましょう。

◆礼拝後のコーヒータイム、昼食等良き交わりの時としてどなた様も御一緒にいたしましょう。

◆本日は定期総会が開かれ、次期執事の選挙結果と共に新年度の活動について取り上げあらます。私達の教会がさらに豊かな成長の歩みができますように祈り信仰をもって前進いたしましょう。

◆次週(2/12)は急な計画ですが礼拝後、1時半より、キム・コール先生を講師としてお迎えし、「クリスチャンとしての男女の交際」について学びたいと思います。青年及び高校生また、C.S教師さらにどなたも学んでおくべきと思いますので女性会、壮年会の方も御出席下さい。次回は中学生、小学生上級等と対象者を分けて学ぶ計画です。

◆その後4時よりセルリーダー研修会を大谷信道牧師によって学びます。セルリーダーの方又、学びたい方は御出席下さい。




<本日の夕拝 午後7:30~8:30>

ルカによる福音書6:27-38

「イエス様が教えて下さった愛」

大久保真道執事

[PR]
by oume-akebono | 2012-02-09 09:14 | 報告

(マタイによる福音書 16:24)    大谷 唯信 牧師



「だれでもわたしについてきたいと思うなら、自分を捨て、自分の十字架を負うて、わたしに従ってきなさい。」


クリスチャンになる決意は表明するだけでも大変な勇気がいる。真剣になるほどに躊躇感も強くなり、思わず二の足を踏む。また、そういう行動力のない自分が情けなく、やはり「自分には無理」と思ったり、「もうヤメタ!」と思う。するとホッとしたりして「やはりこれでいいんだ」と納得したりする。・・・がしばらくするとまた気になってくる。「もういい、自分はクリスチャンとして表明しなくとも心の内で信じてこの教えを大切にしていけばいいのだ」と求めようとする前向きの心にフタをしてしまう。


しかし、ここではっきり言える事は、こういう状態になっていること自体、主の招きが確実になされており、主の御声がすでに心に届いている証拠なのである。隠れるあなたに「あなたはどこにいるのか」と神の声が発せられているのである。「わたしはあなたの名を呼んだ。あなたがわたしを知らなくても・・・」(イザヤ書45:4)「あなたがたがわたしを選んだのではない。わたしがあなたがたを選んだのである」(ヨハネによる福音書15:16)と御言葉は語っておられる。


主の御言葉は単なる言葉ではない、聖霊が働いているのだ。御言葉は聖霊が生きた命となって心に迫る時がある。その時はどのような御言葉でもその根底には「わたしに従ってきなさい」との招きとなって心に語りかけてくるのである。だから誰でも驚くし、躊躇し、戸惑い、不安にもなるのだ。それは全く未知の世界への招きだからである。


アブラハムへの招きは「生まれ故郷を出よ」であった。そして「わたしの示す地へ」とだけ教えられた。神の招きは最初から詳しくは教えないのである。今迄の自分からも、まわりの環境からも、その依存している殻から脱皮させ解放し、真の自由の道を歩ませるためである。この一歩、信仰による一歩を、今年はさらに新しく踏み出そうではないか。
[PR]
by oume-akebono | 2012-02-04 22:53 | 週報メッセージ

◆寒さが続き、朝夕は零下2度~3度等と冷え込んでいますが、皆様お元気でしょうか。今日も心からの礼拝を捧げ、共に主の御名を崇め讃美いたしましょう。

◆只今、新年度のための執事選挙が行われております。予備選挙によって11名の方が選出されました。本選挙にてこれから6名の方を選出いたします。本日13時が〆切となりますので、教会員の方で投票用紙が配られておる方は全員、投票をお願いします。

◆礼拝後のコーヒータイム、昼食等は良き交わりの時として、どなた様もご一緒にいたしましょう。

◆本日は、各会の集いの日です。中高生クラスから、青年会、女性会、壮年会毎にご参加をよろしくお願いします。

◆本日は、子羊会が開かれます。尚、セルリーダー会も開かれます。皆様のご出席をよろしくお願いします。

◆幼稚園、ももぐみ、ひよこぐみ等の新入園児募集に御協力ください。





<本日の夕拝 午後7:30~8:30>

マタイによる福音書26:40-41

「目を覚まして祈っていなさい」

谷口圭太兄

[PR]
by oume-akebono | 2012-02-04 22:51 | 報告