(ガラテヤ人への手紙5:16) 大谷 唯信 牧師


「御霊によって歩きなさい。そうすれば、決して肉の欲を満たすことはない。」


信仰生活を肉の力で推し進めている方が実に多い。信仰は霊的出来事なのだ。それなのに肉の力で維持するとなると、これは苦しい事になろう。自分の調子の良い時、気分が乗った時には快調で、どんな奉仕も生き生きと楽しくできる。クリスチャンになって良かったとも思う。自分が肉の力でやっている等とは到底思えない。何故なら労する事そのものが感謝であるからだ。

しかし、自分の限度を越えて来ると肉の部分が悲鳴をあげてくる。霊的にはまだ幼く力がないからだ。しかしこれは決して嘆く事ではない。こういう現実を通して肉が自覚され、イエスの十字架の贖いに導かれるからである。クリスチャンになった途端に完全になるわけではない。確かに永遠の命の世界入れられ、救われた事はゆるぎのない事実である。しかし、神の器としてはまだまだ未熟で霊的器と言うより、多分に肉的であるのが現状である。

パウロはコリント教会の人達に語っている。「わたしは、あなたがたには、霊の人に対するようには話す事ができず、むしろ肉に属する者、即ちキリストにある幼子に話すように話した。食べる力がなかったからである。今になってもその力がない」(Ⅰコリント3:1-2)何かトラブルが起きると傷ついたり、腹が立ったりするものだ。それが、その部分がまだ肉である事の証拠なのである。

「あなたがたの肉でねたみや、争いがあるのはあなたがたが肉の人だからだ」(Ⅰコリント3:1-2)即ち、相手の問題ではなく、自分の肉の問題なのである。自分の肉が見えたら後は早い。「キリスト・イエスに属する者は、自分の肉を、その情と欲と共に十字架につけて」(ガラテヤ5:26)しまう事ができるからである。肉を捨て、霊に生きようではないか。
[PR]
by oume-akebono | 2010-04-25 17:38 | 週報メッセージ

4月25日  週報より

◆先週も寒い日が続きましたがお元気ですか。新学期を迎えた子供達も、ようやく慣れてきたところでしょう。今日も皆様と共に礼拝できますことを感謝いたします。心からの讃美を捧げ、主の御名をほめたたえましょう。

◆礼拝後のコーヒータイム、昼食等は良き交わりの時としてどなた様も御一緒にいたしましょう。

◆本日は各会ごとの集まる日です。壮年会・女性会・青年会・中高生会ごとに集まり交わりを深めましょう。尚、壮年は礼拝後、昼食を共にしながらのセルグループを行いますので礼拝堂の前に集まって下さい。

◆アイスランドの噴火でドイツから帰れなかった福田秀男兄も一週間遅れて無事に帰国できました。皆様のお祈りを感謝いたします。

◆本日は小羊会が3時から開かれます。図書室に集まって下さい。

◆あけぼの会は27日(土)9:30~、遠足は28日(水)花木園にて行われます。幼稚園のためにお祈り下さい。

◆東京地方教会連合の総会が29日(木)赤塚教会にて開かれます。当教会は大谷牧師、森元副牧師、相山(憲)兄、兵頭兄が出席します。午前8時半には出発します。


<本日の夕拝 午後7:30~8:30>

マタイによる福音書25:14-25
「 忠 実 な 良 い 僕」
森元國文副牧師

[PR]
by oume-akebono | 2010-04-25 17:35 | 報告

(ガラテヤ人への手紙4:19)  大谷 唯信 牧師


「ああ、わたしの幼な子たちよ。あなたがたの内にキリストの形ができるまでは、わたしは、またもや、あなたがたのために産みの苦しみをする。」


パウロがガラテヤの諸教会へ送った手紙の言葉である。「あなたがたはそんなに物わかりがわるいのか。御霊で始めたのに、今になって肉で仕上げると言うのか」(3:3)「一体誰があなたがたを惑わしたのか」(3:1)と言う言葉もある。この世で教会が教会として成長していく時に多かれ少なかれ起きてくる現象であって、自立した教会になるまでは子育てと同じくいろいろな節目を通るのである。教会が単なる趣味や習い事のサークルやクラブのように一時、自分達の思いを達成すればよいと言う会ではないからである。

もちろんそう言う要素や一面を持ち、多くの方々のニーズに応え生活を豊かにする場として開かれていく事は望ましいと思うし、力に応じて何でも有りになれたら素晴らしいと思う。しかし本来の目的はそれらの日常の生活の交わりを通して、私達が共に生かされているいのち、神のいのちにふれ、共に罪から救われる事なのである。

神から与えられた真実の自己に立ち返り、神の愛の中での本当の自由を知り、互いに認め合い、尊敬する。これらがキリストの愛によって実現できる場が教会であると知る事である。パウロは「幼な子たちよ」と呼びかけている。やがて成長するであろうとの期待の中での呼びかけだ。人の子の親ならこの気持ちがわかると思う。育ち上がるまで「またもや産みの苦しみをする」と言っているのだ。私達の教会への呼びかけとして聞こうではないか。

「あなたがたの内にキリストの形ができあがるまでは・・・」とは私達の一人ひとりの中に健全な教会が建て上げられるまではと言う事である。即ち「健全な教会があなたの中に育ち建て上げられているか」の問いなのであるがどうであろう。まず自分の内側を整える所から始めよう。
[PR]
by oume-akebono | 2010-04-18 23:12 | 週報メッセージ

4月18日  週報より

◆皆様お元気ですか。桜の花が散ってから真冬に逆戻り、正に異常気象のこの頃ですがいかがお過ごしでしょう。本日も心からの礼拝を捧げましょう。すべての心配も主に委ねて新しくスタートする時といたしましょう。

◆礼拝後のコーヒータイム、昼食等は良き交わりの時としてどなた様もご一緒にいたしましょう。

◆本日は昼食後、年度始めの定期総会があります。新年度に向けての新たな思いを持っての出発です。会員の方はご出席下さい。尚、どうしても出席できない方は委任状提出をよろしくお願い致します。

◆今晩7時半より夕拝が行われます。朝の礼拝に出られなかった方のために始めたところです。皆でこの集まりを育てて参りましょう。御協力ください。

◆尚、水曜の祈祷会も覚えて御出席下さい。

◆各セルグループに出席いたしましょう。神は人を通して働かれます。御言葉の分かち会いの交わりが互いを育てますので大切にいたしましょう。

◆19日(月)西地区牧師会が三鷹教会にて開かれます。

◆20日(火)東京地方連合委員会、午後6時30分より、大久保教会にて、

◆福田秀男・里美子夫妻の健康のために祈って下さい。山口國夫・君枝夫妻のために祈って下さい。

◆幼稚園も元気に新学期を迎えました。お祈りに覚えて下さい。


<本日の夕拝 午後7:30~8:30>

マタイによる福音書 24:3-14

「終わりが来る」

森元國文副牧師

[PR]
by oume-akebono | 2010-04-18 23:09 | 報告

イースター♪

記事が前後してしまいましたが・・・UPし忘れていましたイースター写真です(すみません・・・汗)
d0126947_7211389.jpg

今年のイースター(復活祭)は4日に行われ、あけぼの教会でも教会学校ではイエス様の復活を記念して、メッセージがありました。その後みんなでたまごに絵を描いたりしました。
ここにはありませんが、芸術的なたまごがたくさん出来上がりましたよ。

第一礼拝の後、幼稚園のお母様がたを中心に礼拝に集ったみんなでティータイム。
大きなケーキの上には春のお花がいっぱいでした(^^)
d0126947_724296.jpg


第二礼拝では、教会のこどもたちによるハンドベルクラブやトーンチャイムクラブの演奏などもあり、
みんなでイエス様の復活をお祝いしました。
d0126947_734206.jpg


その後第二礼拝後も大きなケーキあり!
子供たち、(もちろん大人も!)ニコニコのお祝いでした!
d0126947_7352937.jpg

[PR]
by oume-akebono | 2010-04-13 07:36 | 教会あれこれ♪

桜咲く主日の午後・・・

d0126947_7424993.jpg

桜満開のあけぼの教会です(^^)
主日の礼拝後、庭に出てあちこちカメラを向けました。
d0126947_7433064.jpg

風がちょっとあったので、花びらが舞い落ちます。
木の下に集まった子どもたち・・・空中キャッチできるか、わいわい騒ぎながら遊んでいました。
d0126947_7513684.jpg

それにしても立派な桜!たくさんの出会いを見守ってきたのでしょうね。
d0126947_757201.jpg

暖かくて、穏やかな、のんびりした午後・・・(珍しく今日は特にイベントなしなのでした)
青年がこどもたちと遊んでくれました。
大きなバスケットゴールを準備して・・・低学年の子には遠いかな?
礼拝堂の中では、テーブルを入れて壮年の人たちがセルを・・・・
d0126947_824571.jpg

早速今日の礼拝メッセージを受けての分かち合いをしているようでした。
その横で女性会の人たちで春のコーヒー販売やあちこちの片付け、5月に行われる予定の、バザーについての話し合いなどをしていたり・・・・
それぞれが促されるまま、でもみんなが笑顔で過ごしている教会には、やさしい空気が満ちていました。

そんなあけぼの教会、どうぞ誰でもいつでも大歓迎です!
ぜひお越し下さいね。
[PR]
by oume-akebono | 2010-04-12 08:07 | 教会あれこれ♪

4月11日  わたしを呼べ

(詩篇50:15)    大谷 唯信 牧師

「悩みの日にわたしを呼べ、わたしはあなたを助け、あなたはわたしをあがめるであろう。」


昨日、調布教会大谷信道牧師、祐子夫妻の次女麻衣花ちゃんの召天記念礼拝が行われた。出産を一週間後に控え、その準備の最後の打ち合わせも済み、母子共に健康であることを感謝し、あとはその日を待つばかりと喜びつつの夕食も終わり家路についた。その二時間後である。悲しい知らせが・・・何度聞いても一瞬わからない。「エッまさか!」「どうして!」「そんな!」何と無力な事か。

命に関しては私達は全くの無力なのだ。命は自分の命と思っているが実は自分の手にあるのではなく神の御手の中にあり、自分では触れる事さえ出来ない事を改めて突きつけられた思いであった。病院に家内とかけつけ赤ちゃんを取り出す手術が終わるのを待つ。夜も明けてきた。やがて連れて来られた赤ちゃんは2940gもありふっくらとし、元気な赤ちゃんでスヤスヤと寝ている感じだ。

医師は「全く健康で問題は何もなかった」とくり返す。しかし現実は死んでいるのだ。ピクリとも動かない。その現実が物凄い力で私達に押し迫ってくる。私達は何もできない。ただオロオロと悲しく言葉もない。これも現実である。今まで何と多くの人がこのような不条理な、不可解な苦しみや悲しみに出会ってきた事であろう。「何故、私がこんな目に遭わなければならないのか」「どうしてこんな事故にうちの人が・・・」と。

しかし、御言葉はこう言う危機的状況こそ大きく飛躍できるチャンスと語っている。それは何か。悲しみを捨てる事か。前向きに奮い立てと言うのか。そうではない。神を信じる事である。「悩みの日にわたしを呼べ。わたしはあなたを助け、あなたはわたしをあがめるであろう」。わかってもわからなくても神を仰ぎ、神を待ち望むのだ。キリストの十字架があなたの中で生きた力になるからである。
[PR]
by oume-akebono | 2010-04-12 06:33 | 週報メッセージ

4月11日  週報より

◆新学期も始まりました。新一年生も元気で学校に通っています。桜も満開の今日、私達も新しい心をもって礼拝いたしましょう。

◆本日の教会学校は第一礼拝と合同でいたします。子供達の進級式と表彰を行います。また先生方の紹介をいたします。どうぞ教会学校の働きと子供達の成長のため、また教会の働きのために祈って応援して下さい。

◆礼拝後のコーヒータイム、昼食等、良き交わりの時としてどなた様もご一緒にいたしましょう。

◆壮年会は昼食を共にしながらセルグループを開きます。壮年の方は礼拝堂の前に集まって下さい。

◆今日、公園伝道を行います。教会学校の教師をはじめ、青年、中高生の方々も一緒に参加して手伝って下さい。近隣の子供達に楽しい教会学校を知っていただきましょう。

◆本日も夕拝が夜7時半から行われます。朝の礼拝にでることのできない方々に声をかけて下さい。また、できるだけ皆で出席し、恵みにあずかりましょう。

◆昨日午後2時より、大谷信道夫妻の故麻衣花ちゃんの召天記念礼拝が調布教会で行われました。私達の教会からも20数名もの方々が参加いたしました。諸教会から約120名の出席者があり、悲しみの中にも神の恵みと平安に満ちた集いとなり感謝いたします。続けてご家族のためにお祈り下さい。

◆幼稚園では明日12日(月)入園式が行われます。

◆次週は定期総会が午後より開かれます。会員の方々はご出席下さい。又、出席できない方は必ず委任状を提出して下さい。なお、資料の提出がまだの方は相山執事まで提出をお願いします。


<本日の夕拝 午後7:30~8:30>

コリント人への第一の手紙 1:26-31

「神の選び」

森元國文副牧師

[PR]
by oume-akebono | 2010-04-12 06:31 | 報告

(ヨハネ12:24)  大谷 唯信 牧師

「一粒の麦が地に落ちて死ななければ、それはただ一粒のままである。しかし、もし死んだなら、豊かに実を結ぶようになる。」


人は自分の幸せを前提に求め生きようとする。この事自体がすでに間違っているとイエスは語る。驚きである。自分の幸せを願って何故悪いのだろうか。自分の人生であるから自分の幸せを願い努力し、あらゆる困難にも立ち向かい道を切り開いていく、こんなに素晴らしい事はないではないか。確かにその通りなのだ。

しかし、どんなに高い、正しい目標であっても、自分の幸せ自分の喜びと「自分のため」となっている限り、それは逆の方向へ行ってしまうという生命の原理を語っているのである。 今の教育は、この世の知識は教えても命の原理、法則は全く教えていないため、今や大混乱を起し、多くの悲劇を生み出しているのである。命の原理、法則は人が考え出したものではなく、自然の原理のように、すでに在り続けている神の命の法則なのである。

人は自分の知識を土台として判断しているため、神を認めず無視し、愚かな事として拒絶さえしている。これほど人は高慢になり、完全でもないのに自分に頼り、自分を支えにして自分にしがみつき、必死に強そうに生きているのである。この世はますます混乱し悲劇を生むであろう。これは社会の仕組み、政治、行政の問題ではなく、もっと根本的な私達一人ひとりの自己中心となっているエゴと言う罪に対処しなければならない事である。

イエス・キリストの十字架の死と復活は、これに真正面から取り組まれ、信ずる者に罪からの解放の道となって下さったのである。「自分のために命を得ようとする者は失い、わたしのために命を捨てる者はそれを得る。」と、自ら一粒の麦となって、死から命に豊かに生きる秘儀を私達に与えて下さったのである。私達も復活の命にあずかる者となろう。
[PR]
by oume-akebono | 2010-04-05 07:45 | 週報メッセージ

4月4日  週報より

◆四月を迎えました。美しい梅が終ったところで今度は桜です。今日も心からの讃美を捧げ、皆様とご一緒に讃美いたしましょう。

◆本日はイースター礼拝です。救い主イエスの復活を祝い心からの礼拝を捧げましょう。

◆第二礼拝では主の晩餐式が行われます。主の十字架の罪の贖いを感謝し、信仰をもってお受けいたしましょう。

◆第二礼拝で教会学校教師任命式が行われます。これからは子供達のためにますます教会学校の働きが大切です。教師として立って下さる方を覚え祈り、応援して下さい。教会学校の働きのためにお祈り下さい。

◆本日、第一、第二礼拝の後、わずかな時間ですがイースターを祝いお茶とケーキで交わりの時を持ちます。御一緒にいたしましょう。又、第二礼拝の後は昼食、コーヒータイムも御一緒に交わりの時として下さい。

◆昼食後、教師会を開きます。

◆悲しいお知らせです。先週の日曜日の朝、大谷信道、祐子夫妻の赤ちゃんが誕生一週間を前にして突然亡くなりました。明日親族で火葬をし、今週10日(土)に葬儀を予定しています。どうぞお祈りに覚えて下さい。

◆福田里美子姉、肺炎のため入院しています。お祈り下さい。

◆森元國文兄が4月1日より副牧師に就任しました。就任式・按手礼式は6月13日に予定しています。働きをお祈りに覚えて下さい。

◆総会資料の締め切りは9日です。10日に印刷しますので、よろしくお願いします。


<2010年度教会学校教師>

幼稚科  遠藤陽香姉 久保すみこ姉 須郷和美姉 関野朋恵姉 相馬喜世美姉
小下科  相山喜祈兄 山田淳子姉(補佐)
小中科  相山和未姉 伊藤彩乃姉(補佐)
小上科  相山初美姉 浅沼鉉玉姉(補佐)
中高科  男子 / 相山知寛兄 谷口圭太兄
中高科  女子 / 大谷愛子姉 久保早苗姉
青年科  大久保真道兄
成人科  相山憲司兄
[PR]
by oume-akebono | 2010-04-05 07:43 | 報告