週報でも報告がありましたが、去る7月23日(木)~25日(土)あけぼの教会にて、
サマーキャンプが開かれました。今年も3日間連続のデイキャンプ。
参加した子供は56名、スタッフも合わせると総勢約90名ほどの賑やかな3日間でした!
d0126947_7274827.jpg

お天気も守られ、室内で賛美や礼拝があったり楽しいゲームをしたり、園庭では水風船バトルがあったり(今年はスタッフが2000個の水風船を準備しました!)子供達の元気な声が響き、笑顔があふれ、神様に祝福されたキャンプとなりました。

CSでは23日にも夏祭りを予定しています!
CSスタッフ、教会員の祈り、何より神様の豊かな祝福のうちに、楽しい夏の思い出がたくさんできますように!
[PR]
by oume-akebono | 2009-07-27 07:32 | CS(教会学校)便り

(エペソ人への手紙4:15) 大谷 唯信 牧師


「愛にあって真理を語り、あらゆる点において成長し、かしらなるキリストに達するのである。」


あけぼのサマーデイキャンプが今年も開かれた。小学生56人の参加。CS教師、助手のスタッフ、食事当番の女性会の奉仕者等30余名、総勢90余名の者が一つとなってこの3日間キャンプの恵みにあずかったのである。助手のスタッフとしては中高生、大学生等も熱心に働いてくれたことは特に嬉しい。こうして訓練され成長していくからである。直接参加できなかった方々も皆、祈りに覚えて支えて下さっている。

24時間連鎖祈祷も青年を中心に行われ大きな恵みをそれぞれが体験することができた。いよいよ私達は青梅あけぼの教会として神のあわれみによって力を受け大胆にキリストを証ししていこうではないか。多くの人々が罪の奴隷になっている。それが普通になっているのだ。

私達の願いは人々が罪から解放されることである。その援助のためには私達が与えられたキリストの霊なる命を自分の中に留めておくのではなくて常に解放しなければならない。「恵まれた!」と言ってはそれを自分の内に閉じこめているのを見る。これでは自己の喜びだけで終わってしまうのだ。霊は自己から解放した時、生き、自分をも生かす。これを知らない人は意外と多い。自分の力でやろうとするから出られないのだ。

聖霊の助けを信じることだ。聖霊に寄り頼めばできる。十字架の命はすでに与えられている。どうしても弱い時、「主よ、私の力ではどうにもなりません」とそのままを祈るのがよい。聖霊に寄り頼みつつ祈っていると弱さのままであるのに実に強くされている事に気付くであろう。弱いほど強くされているのである。
[PR]
by oume-akebono | 2009-07-26 18:59 | 週報メッセージ

7月26日  週報より

◆早くも7月も終わろうとしています。天候不順な日が続いておりましたが皆様お元気ですか。暑い毎日ですが本日も皆様と御一緒に礼拝できますことを感謝いたします。

◆CSサマーデイキャンプも皆様の祈りと御協力により事故もなく終えることができました。小学生56人もの参加者を与えられ、教師方を始め多くの方々の御協力をいただき行うことができました。子供達の心に神様の愛の灯をともすために頑張っております。教会学校の働きのためにこれからもお祈り下さい。

◆礼拝後のコーヒータイム、昼食等、良き交わりの時として皆様も御一緒にいたしましょう。

◆本日は第4週ですので各会の集いがあります。壮年会、女性会、青年会、中高生会にそれぞれ御出席下さい。

◆昼食後、小羊会があります。2時より図書室へ集合して下さい。

◆本日5時より東京連合青年会のJ-waveが仙川教会で開かれます。当教会からも大勢が行きますので、御一緒に行きましょう。

◆森田桃花姉、浅田実結姉の二人は27日(月)~31日(金)のユースサマーキャンプ(みどり野教会主催)に出席します。

◆隣人に出会う旅で韓国に浅沼雄一兄、岡田愛姉が7月30日(木)~8月3日(月)に参加します。お祈りに覚えて下さい。

◆大谷牧師、万知婦人、愛子姉は28日(火)~31日(金)沖縄の旅となります。

◆執事会は8月1日(土)午後8時から行われます。


<教会の祈り>

①常にまず自分の内側を整える。
②教会を信じ、礼拝、祈祷会、献金を聖別する
③牧師・信徒の信仰、霊性の深まり
④互いに牧会し合うセルの充実と拡大
⑤150人礼拝を信仰で観ること

[PR]
by oume-akebono | 2009-07-26 18:57 | 報告

(ローマ1:23)  大谷 唯信 牧師


「すべての人は罪を犯したため、神の栄光を受けられなくなっており…」


この世では一般に人は罪を犯せば罪人と言うが実際は人は罪人だから罪を犯すのである。すべての人がすでに罪人なのである。例外はない。罪には強烈な力がある。どんなに強い意志で罪を打ち負かそうとしても罪はもっと強い力で私達の中に入り込み私達を支配する迄になっているのだ。

私達はこの罪の働きを無視したり、軽く見てはならない。罪は私達の良心を麻痺させあらゆる悪に向う力となって私達の中に住むのである。すると、「あらゆる不義と貪欲と悪意とにあふれ、ねたみと殺意と争いと詐欺と無念とに満ち、神を憎む者、不遜な者、高慢な者、大言壮語する者、悪事をたくらむ者、親に逆らう者となり、無知、不誠実、無情、無慈悲な者となる」(ローマ1:29-31)のである。

国の政治家達もそうだがやはり私達が心配するのは身近にいる中高生であり、それをかこむ親や教師達である。罪に対する無知、無関心が互いに問題を引き起しているのだがそれには気づかずに表面的な心理分析程度で終るのが現状である。イエスの伝道始めの一声は「神の国は近づいた。悔い改めて福音を信ぜよ」(マルコ1:15)であった。

悔い改めとは罪を認めて悔い、自分中心から神中心の生活に変える事である。その決意に御聖霊は働いて下さり、私達を生きる者として下さる。罪の自責は大切で大きいほどよい。罪の自覚なくして救いはないからである。ペテロは罪と向き合い「欲している善はしないで、欲していない悪は、これをする」と嘆き、「わたしは何とみじめな人間か!」と叫んだ。この時キリストはパウロを罪から解放したのである。今や私達は人々に「罪からの解放」を援助する事が最大の使命ではなかろうか。
[PR]
by oume-akebono | 2009-07-24 05:43 | 週報メッセージ

7月19日   週報より

◆いよいよつゆ明けとなり、子供達も楽しい夏休みとなりました。家族とのいろいろな計画もあることでしょう。さあ、今日の礼拝、心から主を讃美し、御名をあがめましょう。この暑い毎日も主と共に歩むと元気になります。

◆本日の第一礼拝は相山喜祈兄のメッセージで行なわれます。相山兄は現在河辺小の教師で頑張っております。第二礼拝は大久保真道兄のメッセージで行なわれます。大久保兄は東京工芸大学助教授で大学生の指導に当たっております。共に教育の現場におられる方です。

◆大谷牧師は中野バプテスト教会の礼拝メッセージの御奉仕にいっております。

◆先週15日(水)は幼稚園の美化デーでした。お母様方の御協力で礼拝堂のワックスがけ、外まわりの草取り等園舎と共にきれいにしていただきました。感謝いたします。

◆昨日の早天祈祷会から今期迄を青年会中心で24時間連鎖祈祷会を開きました。感謝いたします。皆様の参加によって恵まれた時が与えられました。これからも第2弾として祈祷会を行っていきたいと願っています。

◆教会学校では今週23日(木)-25日(土)、サマーデイキャンプが開かれます。すでに50人近い子供達が申し込んでいます。どうぞ祈って下さい。

◆次週は小羊会があります。

◆次週は仙川教会にて青年のためのJ-wave(東京地方連合)の集いが開かれます。御希望の方は御一緒に行きましょう。


<教会の祈り>

①常にまず自分の内側を整える。
②教会を信じ、礼拝、祈祷会、献金を聖別する
③牧師・信徒の信仰、霊性の深まり
④互いに牧会し合うセルの充実と拡大
⑤150人礼拝を信仰で観ること

[PR]
by oume-akebono | 2009-07-24 05:42 | 報告

7月12日  チェンジ

(ヨハネ 3:3)    大谷 唯信 牧師


「誰でも新しく生まれなければ、神の国を見る事はできない」


 誰にイェスは言われたか。極悪人ではない。ユダヤ議会の最長老議員であり最も尊敬されている指導者である。何故イェスはこのような立派な人に冒頭の「チェンジ」の必要を語ったのか。どんなにすぐれていても所詮、自我は自我のレベルでしかないからだ。

この世はすべて自我の命の世界であって神の命の世界には全く及ばない。余りにも遠く離れてしまい想像すらできない程の差ができてしまっている。イェスは「貧しい人、飢えている人、泣いている人、人から憎まれている人は幸いだ」と語る。「その日は喜びおどれ」とも言う。又、「富んでいる者、満腹している者、笑っている者、ほめられている者、あなたがたはわざわいだ」と言う。あなたはこれを納得できるだろうか。

「敵を愛し、憎む者に親切にせよ。呪う者を祝福し、はずかしめる者のために祈れ」と。40年前アメリカのキング牧師は黒人差別撤廃を叫び「爆弾を投げ込まれても白人をうらんではいけない。イェスが言われた如く、白人を愛せよ、やがて黒人の子供と白人の子供が手に手を取って共に野をかけまわる時が来るであろう」と語った。彼は暗殺されたが、その40年後、黒人オバマが大統領となった。当時、誰がこれを想像し得ただろうか。

彼はこのサミットで「核兵器を用いた道義的責任からも訴える、世界から核兵器を根絶しよう!」この言葉は重く世界に波紋を起こしている。唯一被爆国の麻生さんは世界を見据えて何を発言しているだろう。存在の影もない。もし、イェスがサミットにいたら何を語るだろうか。やはり冒頭の言葉であろう。世界平和はあなたの「チェンジ」が出発点だからである。
[PR]
by oume-akebono | 2009-07-14 18:33 | 週報メッセージ

7月12日  週報より

◆梅雨明けもそろそろでしょうか。夏休みも近づき子供達も胸をふくらませている事でしょう。さあ、今日もこうして共に礼拝できますことを感謝いたします。心から主を讃美いたしましょう。

◆本日は第一礼拝にて古屋裕子姉の証しがあります。第二礼拝では小林正則兄の信仰告白があります。奥様のはるか姉をはじめ多くの方々の祈りの支えがこうして実り、感激ですね。

◆バプテスマ式は皆様の都合によって調整しておりますが、8月23日、30日頃かと思います。お祈り下さい。

◆礼拝後のコーヒータイム、昼食等、良き交わりの時としてどなた様も御一緒いたしましょう。

◆壮年会のセルグループは礼拝後、昼食を共にしながら行います。礼拝堂の前の方に集まって下さい。

◆本日は教会学校教師会が開かれます。サマーキャンプの最終打合せですので全員集まって下さい。

◆明日13日から14日は西地区牧師会が河口湖で開かれます。大谷家族、相山夫妻が出席予定です。

◆幼稚園では明日より午前保育となります。又、16日(木)~17日(金)は年長のお泊り保育です。保育の終了日は16日(木)です。

◆18日(土)~19日(日)は青年が中心となって1時間ずつの連鎖祈祷会を計画しています。どなた様も参加してください。

◆次週、大谷牧師は中野教会に行っております。第一礼拝は相山喜祈執事、第二礼拝は大久保真道執事によるメッセージです。

◆教会学校サマーデイキャンプ(23日~25日)が開かれます。
 

 〈教会の祈り〉

 ①常にまず自分の内側を整える。
 ②教会を信じ、礼拝、祈祷会、献金を聖別する。
 ③牧師・信徒の信仰、霊性の深まり。
 ④互いに牧会し合うセルの充実と拡大。
 ⑤150人礼拝を信仰で観ること。

[PR]
by oume-akebono | 2009-07-14 18:32 | 報告

(エペソ人への手紙1:22)   大谷 唯信 牧師


「万物をキリストの足の下に従わせ、彼を万物の上にかしらとして教会に与えられた。この教会はキリストのからだであって、すべての中ですべてを満たしている方の豊満である。」


 私達の教会は見える所では小さなものであるが、神はキリストを死から勝利させ、すべての支配、権威、権力、権勢の上に置かれ、万物をキリストの足の下に従わせ万物のかしらとし、その力をこの教会に与えて下さったと御言葉は語る。教会は神の御意志によって造られ、キリストをそのかしらとし、私達をそのからだとして選び出して下さった。

「教会はキリストのからだであってあなたがたはその肢体である」(コリントⅠ12:27)「それは、からだの中に分裂がなく、それぞれの肢体が互いにいたわり合うためであり、一つの肢体が悩めば、ほかの肢体もみな共に悩み、一つの肢体が尊ばれると、ほかの肢体もみな共に喜ぶ」(コリントⅠ12:25)ためである。

実に、私達一人一人にキリストの命が教会を通して与えられているのだ。だから、私達はまず教会につながる事が大切なのである。「わたしにつながっていなさい。そうすれば豊かに実を結ぶ。わたしから離れては実を結ぶことはできない」(ヨハネ15:5)とは単なる教訓ではなく、現実のいのちの営みなのだ。

私達は必ず豊かに実るから、教会につながっていよう。家族の方がまだ救われていないなら、その家族を代表して彼らのためにも信仰をもってつながろう。御聖霊は必ずその信仰に働いて下さる。教会の交わりの中に御聖霊は働かれ、私達を養い育てて下さるのである。それは信じてバプテスマを受け、神の家族とされた時から始まる新しい希望の実りある人生なのだ。
[PR]
by oume-akebono | 2009-07-05 17:54 | 週報メッセージ

7月5日  週報より

◆早くも7月を迎えました。雨季に入りむし暑い日となっておりますがお元気ですか。本日も皆様と心を一つにして主を讃美し、主の恵みをいただきましょう。

◆本日は第二礼拝にて主の晩餐式が行われます。私達の罪のために十字架の死と復活を通して救いの命を与えて下さった事を覚え感謝してお受けいたしましょう。

◆今、バプテスマを準備しておられる方は7~8人おります。多摩川でバプテスマ式を行う予定ですので覚えてお祈り下さい。尚、バプテスマを受けてクリスチャンとなる促しを与えられている方はいつでも牧師に相談して下さい。

◆礼拝後のコーヒータイム、昼食等、良き交わりの時ですので、どなた様も御一緒にいたしましょう。

◆本日は定例のいずみ会があります。教会の歩みを感謝し、夏に向けての計画等を確認し、共に祈りましょう。皆様の御出席をお願い致します。

◆先週は春の霊交会が一日開かれ、約40人の参加者が与えられ、良き交わりと学びの時を持てました。感謝です。

◆今週7日(火)東京連合委員会が大久保教会で開かれます。大谷牧師、相山執事が出席予定です。

◆8日(水)青梅市内の牧師会がフリーメソジスト教会で開かれます。

◆幼稚園では明日、白浜先生を迎えて子育て講演会が開かれます。
 

〈教会の祈り〉


 ①常にまず自分の内側を整える。
 ②教会を信じ、礼拝、祈祷会、献金を聖別する。
 ③牧師・信徒の信仰、霊性の深まり。
 ④互いに牧会し合うセルの充実と拡大。
 ⑤150人礼拝を信仰で観ること。

[PR]
by oume-akebono | 2009-07-05 17:51 | 報告