【証し】

私が神様(主)と出会ったのは、二十二歳の時(今から二年前のこと)です。
当時、私は美大受験に四度失敗し、浪人四年目を向かえ、この先自分自身がどうなっていくのか、不安でたまらない日々を送っていました。

 予備校で私を担当していた、ここの教会員である森元先生に浪人時代中、聖書やイエスさま、神様のことなどを聞いてはいましたが、私はそれらのことよりも、自分のことで精一杯なのと、両親が離婚していることもあり、母から注がれる愛情を感じてはいましたが、母の愛だけでは私の心は満たされず、いつも私の心の中は孤独を感じていました。その足りない愛(孤独感)を森元先生を父親のような存在として、慕うことで埋め合わせていました。

 しかし、先生をいくら父親のように求めても、本当の父親になれるはずもなく、私が求めている愛にも限界を感じていました。
 そのような中にあって、四浪目の時のある森元先生との電話の会話で、初めて聖書、神様、イエスさまの話しに目が向くようになりました。

 その後、あっという間に、教会に行こうと決意し、導かれるままに教会に通いつづけ、教会に来てから、四ヶ月目にイエスさまを主と信じ信仰告白をしました。けれども、信仰告白後、母親や妹などの猛反対があり、バプテスマ(洗礼)を受けることができませんでした。
 そして、この二年間バプテスマを受けずに教会生活を送りました。二年間にはさまざまな主からの試練(鍛錬)を与えられました。

最初は母の反対を押し切って、教会に通うこと。住んでいる場所がこの教会から二時間以上もかかることもあり、体力的にも精神的にもボロボロになってしまうことが幾たびもありました。その度に「イエスさま助けて!」と必死に叫んだことを覚えています。そして、主は私を幾度と無くまもってくださり、毎週の礼拝に出席できる恵みを与えられました。

その中にあって、妹と口を聞かなくなる時期が続いたり、母との関係は悪化することしばしば、大学、バイト、その他の人間関係においても、上手く行かないことはしょっちゅうありました。
けれども、状況が悪い中にあれば、あるほど、私はイエス様を求め、「イエスさま助けてください!」と叫び、主(ご聖霊)の導きによって、教会に関わる機会が増えていきました。
多い時で週に四回、二時間以上かけて、教会に通う時もありました。

どのような状況下にあっても、主を求め続けた自分。
『主の御名を求める者は、すべて救われる』(ローマ人への手紙10章13節)
この御言葉は実現されます。そして、私は今年、二十四歳の誕生日の翌日、バプテスマを受け、主の救いに完全にあずかることができました。
 
バプテスマを受けて、イエスさまに新たな命を与えられた私は、それまでの自分では、まるで想像もしていなかったことが、次々に起こっています。
六年ほど疎遠になっていた父と和解し、父と、とても良い関係を築くことができていること。
妹ととも口を利かないほどの関係になっていたこともありましたが、今では前以上に仲良くなっています。バプテスマを受ける前日や受けたあとしばらく、反対しつづけ、認めてくれなかった母も、今は徐々に認めてくれるようになり、教会に行く時も「行ってらっしゃい」と送りだしてくれるようになりました。

そして、私自身が日々変えられています。今まで、イエスさまを信じつつもどこかで、「イエスさまはこんなどうしようもない自分を愛してくれないんじゃないか?」と不安にかられ、「こんな私は誰からも愛されない」となげく自分がいました。人にどう思われるか不安でならないことに悩まされることも多く、孤独感がおそってくる時も、相も変わらずありました。
『父御自身が、あなたがたを愛しておられるのである。あなたがたが、わたしを愛し、わたしが神のもとから出て来たことを信じたからである。』
(ヨハネによる福音書16章27節)
 
神様は私を愛してくれている・・。けれども私はその愛から離れてしまっていました。そのことにすら気付いていなっかたのです。神様から離れてしまった罪を神様の一人子、イエス様は十字架にかかってつぐなってくださいました。そのことを信じることで、私は、それまでの孤独感、不安感からすべて解放されました。

神様の方が私たちを愛してくれている、何よりも、イエス様の十字架のあがないは、どの愛にもまさる、決して私たちを、見捨てず、裏切らない、最高の愛です。
今、私はゆるぎない主の愛で満たされています。そして、どのような状況下にあっても、恐れを感じることはありません。主の愛が私を支え、すべてのことからまもり、私の歩みを導いてくださっているからです。悪いできごとが起こったとしても、それは、次の良き出来事のためのステップです。聖書にしるされています。神様は、わたしたちに益になることをすべてご存知で、何よりも私たちを最善の道に導いてくださると。

   『あなたの道を主にゆだねよ。
   主に信頼せよ。
   主が成し遂げてくださる。』
                      (詩篇37篇5節)



父である神と主イエス・キリストの恵み、愛、平和があるように。アーメン。
[PR]
by oume-akebono | 2008-10-26 23:30 | 証し

 
   クリスマスミニバザーやります!

11月9日(日曜日)の午前9時より、教会礼拝堂後ろのデッキにて、クリスマスミニバザーを行います。当日は各種クリスマス商品のほか、ハンドメイドグッズ、そしてたくさんのスイーツやお惣菜が並びます。どうぞみなさまお楽しみに!

このバザーのため、先日女性会ではリンゴジャムを作りました。
d0126947_19243721.jpg
d0126947_19245069.jpg
d0126947_1925185.jpg

最後の仕上げはこれからです。
きれいにラベルを貼って、ちょっとおめかししてみなさんをお迎えします!(^^)
[PR]
by oume-akebono | 2008-10-26 19:26 | お知らせ

◆10月も最後の日曜日となりました。美しい秋空と澄みきった空気が実にさわやかです。皆様お元気ですか。本日も心からの礼拝を捧げ、主の御名を力強く讃美いたしましょう。礼拝を生活の中心に置く信仰は祝福の基となります。

◆本日は第一礼拝にて大坪博美姉(大学生)に証しをしていただきます。感謝いたします。

◆本日、第二礼拝では市川優衣姉(大学生)と小林智子姉(主婦)、御二人の信仰告白が行われます。次週11月2日(日)はバプテスマ式を行います。お祈り下さい。

◆礼拝後のコーヒータイム、昼食等、どなた様も御一緒にいたしましょう。良い交わりの時として下さい。

◆今週は第4日曜日ですので各会の集いがあります。中高生会、青年会、女性会、壮年会、各自誘い合わせて御出席下さい。

◆壮年はセルグループを礼拝後、そのまま礼拝堂の前の所で行いますので集まってください。

◆本日午後3時より小羊会を図書室で開きます。

◆相山憲司兄・知子姉は墓前記念礼拝のため昭島めぐみ教会に出席しております。

◆いよいよ今週土曜日11月1日、幼稚園では新入園児願書受付日です。どうぞ知人・友人をお誘い下さい。


 〈教会の祈り〉

①常にまず自分の内側を整える。
②教会を信じ、礼拝、祈祷会、献金を聖別する。
③牧師・信徒の信仰、霊性の深まり
④互いに牧会し合うセルの充実と拡大
⑤150人礼拝を信仰で観ること

[PR]
by oume-akebono | 2008-10-26 19:14 | 報告

(ヨハネによる福音書15:5)  大谷 唯信 牧師


「もし人がわたしにつながっており、またわたしがその人とつながっておれば、その人は実を豊かに結ぶようになる。わたしから離れては、あなたがたは何一つできないからである。」


人は困難にぶつかり自分の弱さの中でどうにもならない状況になって初めて自分を超えた大いなる力を祈り求めるようになる。食後のコーヒーを求める求め方もあるが、自分の存在をかけた、生死を分つコップ一杯の水を求める求め方もある。この求める事が「わたしにつながる」事であり豊かに実を結ぶ絶対条件としてイエスは語っておられるのだ。

与えられる豊かな実はその人の求めに応じて与えられる。多くを求めた者は多く与えられ、少なく求めた者には少ない。困難はその時には苦しく辛いものである。しかし、それは自己を脱皮し豊かに実を結ばせるための神の恵みなのだ。

イエスは「いま飢えている人たちは、さいわいだ」(ルカ6:21)と語られる。このような人は率直に神を求めるべきであろう。これは他の人との問題ではなく、直接神と自分との問題である。私達は方法もなくなり道もなくなってしまった時、いよいよ祈りが本物になる。ここでイエスを信じ受け入れるのである。分かるのでも理解するのでもない。真暗で何も見えないその中で信じ受け入れる。冒険だがこれを信仰という。その瞬間、イエスの命が自分の中に注ぎ込まれ霊の命が目覚め、心が元気になってくるのである。

心の元気は霊の活性化によって起るのだ。世の人はこれを知らず心で頑張っているが限界がある。「実を豊かに結ぶ」にはイエスにつながることから始まることを知ろう。
[PR]
by oume-akebono | 2008-10-26 19:12 | 週報メッセージ

◆美しい秋です。皆様お元気ですか。秋の行事で忙しいかと思います。今日も新しい心をもって主を讃美いたしましょう。主の栄光と御名を讃美するほどに神の祝福がのぞみます。

◆本日の第一礼拝は大久保真道執事、第二礼拝は森元國文執事のメッセージで行われます。お祈りに覚えて下さい。

◆大谷牧師は昨日より平塚にあるふじみキリスト教会にて特別伝道集会での御奉仕にいっております。お祈り下さい。

◆礼拝後のコーヒータイム、昼食等、よき交わりの時としてどなた様も御一緒にいたしましょう。

◆本日は第3日曜ですので美化デーです。教会の内外の必要な所を清美いたしましょう。御協力下さい。

◆教会学校では、「C.S.親子ドッジビー大会」が二階ホールで行われます。親子の楽しいふれあいの会を皆んなで応援しましょう。時間の取れる方は皆さん来て下さい。

◆幼稚園では22日(火)公開保育が行われ市から竹内市長が訪問見学に来られる予定です。

◆幼稚園入学願書が配布されております。お知り合いのお母様方におすすめ下さい。願書受付日は11月1日からです。

◆バプテスマについて心に示されている方は牧師をはじめ信徒の方に御相談下さい。


◆セルグループ、祈祷界等に積極的に出席しましょう。私達は常に霊的成長を祈って参りましょう。


<教会の祈り>

①常にまず自分の内側を整える。
②教会を信じ、礼拝、祈祷会、献金を聖別する
③牧師・信徒の信仰、霊性の深まり
④互いに牧会し合うセルの充実と拡大
⑤150人礼拝を信仰で観ること

[PR]
by oume-akebono | 2008-10-26 19:10 | 報告

(ロマ8:5)  大谷 唯信 牧師

「肉に従う者は肉のことを思い、霊に従う者は霊のことを思う」


聖霊はどのような形で私達に働きかけて来るのだろうか。

それは礼拝や聖書の学び、教会での交わりを通して、私達の心の奥に罪と義と裁きについて促し目を開かせようとされる。すると慰めであった御言葉が段々自分の心を責めてくるようになり重く辛くなったりもしてくる。これこそ十字架に重荷をおろして救いに導こうとされる聖霊の働きである。イエスを信じ罪から解放させ、永遠の命を与えようとされる神御自身の働きなのだ。

ここで多くの人が、自分なりの努力で自己改善し、御言葉を学びわかろうとする。結局わからず疲れ果て退いてしまう。ここで大切なのは自分の力で解決しわかろうとするのではなくて、信ずること、イエスを救い主として受け入れる事なのである。

「信じます」との一言の告白、一つの決断が、たとえからし種一粒の小さなものであっても、その瞬間に神の永遠の命を受ける事になる。これは神の恵みであって、唯信する小さな信仰によって誰でも永遠の命が得られるのである。しかもこの永遠の命が信仰をさらに成長させ、目を開き、神やイエスについて知らせるのである。永遠の命がなければ、どんなに聖書や宗教を学んでも神を知る事も自分の霊を生かす事も絶対に出来ない。まず小さな信仰で永遠の命を受ける事が最優先なのだ。

「人を生かすものは霊であって、肉はなんの役にも立たない」(ヨハネ6:63)霊は霊によって学び、その後の成長は神がなさるのである。
[PR]
by oume-akebono | 2008-10-26 19:08 | 週報メッセージ

d0126947_1151679.jpg

(クリックで全ての写真がもうちょっと大きくはっきり見えます♪)

昨日(12日)の午後は素晴らしい秋晴れのお天気に恵まれました。
そんな中、あけぼのの教会員みんなで青梅駅周辺を中心に、チラシ配りをしました。
一人が100~200部のチラシ(幼稚園、ひよこ組、プレイルーム、教会などのチラシをセットしたもの)を持ち、数台の車に分乗して市内に散らばりました。ひとつひとつのポストに、祈りを込めてチラシをIN!
さぁ、あとは一人でも多くの方にあけぼのを知ってもらえますように、お一人お一人にあけぼのを通して神様との出会いがありますように祈るばかりです。

そしてこの日、たくさん歩いてお腹がすいたみんなを待っていたのはバーベキュー!
写真の通り、総勢50名以上で楽しくて美味しいひとときでした。
d0126947_1161219.jpg
d0126947_1162362.jpg


今日の特別の一枚♪
K太君のお母様とおばあちゃまがドライブがてら教会に寄って下さって・・記念撮影!
d0126947_1184237.jpg

[PR]
by oume-akebono | 2008-10-13 11:10 | 教会あれこれ♪

K.A姉の証、原稿をお持ちでしたのでブログ用にお願いしたところ、メールにて送ってくださいましたのでこちらで分かち合わせて頂きますね。

***********************

おはようございます。
K.Aです。24歳です。
イエス様の証をします。


イエス様は私の心の支え。
聖書の言葉は私の生きる力。

仲良しだった友達に、ちょっとした誤解で嫌われ、無視され、
「死ね」と書かれた手紙が机の中に入れられ、
うわばきにガビョウを入れるなどのいやがらせ。
誰を責めることもできず、ただ耐えて、黙し、
悲しみを内側に溜め込んだ。
誰にも何も言えない自分を唯一支えたのは祈り。
イエス様への祈り。
「イエス様、私は寂しいんです。
『イエス様の愛は大きいから、どんなことがあっても大丈夫。』
そうは言われても、悲しいもんは悲しいんです。
一人はやっぱり寂しいんです。」
何日も泣いて祈った。
ある時、思いが変わった。
イエス様はたくさんの人から嫌われ、捨てられ、悲しい思いをしたんだ。
イエス様は何も悪いことをしてないのに、十字架にかけられて、誰よりも苦しい経験をしたんだ。
イエス様は誰にも気持ちを理解されなかった。
私よりも何倍、何十倍も寂しい気持ちを知っている。
思い出したら、気持ちが変わった。
誰よりも一番私を、私の気持ちを理解できる方が、誰よりも一番近く私の傍に居てくれる。
悲しみ、苦しみ、寂しさを理解してくれる。
その思いが当時の私を救った。

友達の反応や目が気になった中学生。
ちょっと内緒話をされただけで、自分のことを悪く言ってるんじゃないかと思い込み、
底に落ちていく自分。
部活は毎日6時まで。
体も心も疲れていくばかり。
そんな時、私を支えたのはイエス様への祈り。
祈りの中で気づかされたこと。それは、
イエス様は、どんな時も共にいて、離れず、苦しい時は私をおぶって下さるということ。
イエス様の大きな愛が私の気持ちを変え、
その愛の大きさで感謝に変わり、
イエス様の大きな愛を伝えたいと思うほどにまでなる。
学校での状況が変わったわけじゃない。
自分の内側が変わった。

友達に合わせるようになった高校生。
どう話そう、どう反応しよう。
いつも駆け引き。
考えながら、必死に友達付き合いをする。
それが心苦しくて仕方がない。
でも、つまんない奴って思われたくない。
だから、頑張って笑う。頑張って話しに合わせる。頑張って、仲間になろうとする。
それが、だんだん疲れて、嫌になって、一人で涙をながすようになった高校生。
何が本当なのか、どれが本当の自分なのかわからなくなった。
そんな中でまた静かに一人で祈った日々。
気づかされたのは、イエス様だけは本当だということ。
イエス様は真実。
その言葉も生き方も。
イエス様だけは変わらない。
「だから、イエス様だけを信じよう。
たとえこの苦しみから逃れられなくても
たとえこの悲しみが消えなくても
私はイエス様を信じます」
そう決心した
私の思いは晴れになった。
動かないものがあることが支えになった。

「何のためにこんなことをするのか…」
「これは自分にとってどんな意味があるのか…」
何をするにも目的を見つけようとしていた。
目的がないなら、意味はない。
意味がないなら、無駄なこと。
だけど、目的が分からないのにやらなければならない現実に苦しくなった大学生。
そんな時、聖書から与えられた言葉が私の思いを変えた。

ローマ人への手紙11章36節
「というのは、すべてのことが、神から発し
神によって成り、神に至るからです。」

神様のために、神様の計画のために私は生かされてると気づいた時、
生きる目的が分からなくて文句を言っていた自分が
どれほど自己中心に考えて生きていたかということに気づいた。
目的に縛られていた自分に気づいた。
私の人生の目的は、神様。
神様の計画こそが私の人生の目的。
私は自由になった。
心も、魂も、霊も。
というのは、すべてのことが、神から発し、神によって成り、神に至るからです。
どうか、この神に、栄光がとこしえにありますように。アーメン。
[PR]
by oume-akebono | 2008-10-08 19:56 | 証し

10月5日  週報より

◆10月を迎えました。朝夕はめっきり涼しく、寒いくらいです。運動会、遠足と秋の行事で大忙しの方も多いことでしょう。今日も心からの礼拝を捧げましょう。

◆礼拝後のコーヒータイム、昼食はどなた様も御一緒にして下さい。良い交わりの時といたしましょう。

◆本日は昼食後にいずみ会が開かれます。教会員の方々は御出席をお願いします。

◆その後場所を福生教会に移し、3時からの西地区合同「執事・役員研修会」に出席します。近隣のバプテスト教会との交わりの場としての会ですので、なるべく多くの方々に出席していただきたいと願っています。互いに車に分乗していきます。

◆昨晩は執事会が開かれました。

◆次週12日(日)は礼拝後に皆で「チラシ配り」をいたします。どうぞ御協力下さい。皆で教会の周りを歩いてみましょう。

◆その後、秋のバーベキュー大会開きます。これに参加できる方は係りの方に申し込んで下さい。雨天の場合はテントを出しますので御協力下さい。楽しい時といたしましょう。

◆大谷牧師は明日より一週間、研修のため河口湖に出張いたします。お祈り下さい。

◆毎週の祈祷会、セルグループの働きのために覚えてお祈り下さい。

◆幼稚園の来年度の園児募集の時期がやって来ました。少子化で園児が激減していますの。どうぞ園児募集に御協力下さい。10月15日から願書配布がなされます。


<教会の祈り>

①常にまず自分の内側を整える。
②教会を信じ、礼拝、祈祷会、献金を聖別する
③牧師・信徒の信仰、霊性の深まり
④互いに牧会し合うセルの充実と拡大
⑤150人礼拝を信仰で観ること

[PR]
by oume-akebono | 2008-10-05 23:04 | 報告

(ガラテヤ人への手紙5:16) 大谷 唯信 牧師

「わたしは命じる。御霊によって歩きなさい。そうすれば、決して肉の欲を満たす事はない」

教会のエネルギーの源泉は御霊にある。御霊によって歩いている教会は状況がどういうものであっても豊かに成長する。私達の教会はこれを求め願っているのである。一般論ではなく、現実の私、またあなたが本当に御霊によって豊かに成長しているかどうかという課題である。

これはおろそかにしてはならない。何故なら私達には働きがいつの間にか肉によるものになってしまう傾向があるからである。この肉が私達を得意にさせたり、落ち込ませたり、教会から離れさせたりするのである。

しかも肉にある時は自らの肉に気付かない。それどころか自分の一生懸命の中で信仰に立っているとさえ思ってしまう。御霊によって霊が開かれて来るとそれに応じて肉が見えてくるが、それをまたうっかり肉で制しようとするから肉の働きに移行してしまうのだ。

だがこの肉に気付かない。余程大きな問題となって初めて気付いたりするので被害甚大となる。その肉の働きとは「不品行、汚れ、好色、偶像礼拝、まじない、敵意、争い、そねみ、怒り、党派心、分裂、ねたみ、泥酔、宴楽、及びそのたぐい」(ガラテヤ書5:19)と聖書は語る。

これらを肉で制することは絶対に出来ない。この肉の働きによっていかに多くの人々や教会がサタンに振りまわされているか驚くほどである。しかし他人事ではないのだ。私達は心して御霊によって歩き、霊性を深めていただく事を学んでいこう。御霊の実を豊かにすることによって肉に動かされなくなる。この学びは私達教会に与えられている恵みであり、教会の成長の力となるものである。
[PR]
by oume-akebono | 2008-10-05 23:02 | 週報メッセージ