8月31日  週報より

◆八月最後の礼拝となりました。夏休みも終り子供達も再び学校生活が始まります。私達も心を新たにして礼拝を捧げましょう。

◆礼拝後のコーヒータイム、昼食等、良き交わりの時として皆様と共に御一緒いたしましょう。

◆本日は午後3時より青年礼拝が行われます。青年会を始め小学生から大人迄、どなた様も参加して下さい。証しと讃美とメッセージの恵まれた集会となります。

◆明日1日(月)は西地区牧師会が大久保教会にて開かれます。大谷牧師、相山兄が出席します。

◆ 今週6日(土)は定例の執事会が午後8時より開かれます。

◆ いよいよ9月に入ります、幼稚園では運動会、クリスマス等大きな催しがあります。どうぞ祈って下さい。
尚、10月からは新入園児募集となります。少子化で子供が少なくなっておりますので、どうぞお祈り下さい。


<教会の祈り>

①常にまず自分の内側を整える。
②教会を信じ、礼拝、祈祷会、献金を聖別する
③牧師・信徒の信仰、霊性の深まり
④互いに牧会し合うセルの充実と拡大
⑤150人礼拝を信仰で観ること

[PR]
by oume-akebono | 2008-08-31 23:58 | 報告

(マタイ4: 4)  大谷 唯信 牧師

「人はパンだけで生きるものではなく、神の口から出る一つ一つの言で生きるものである」

朝、ふとんの中で目覚め起きようとする時、心に何か言いようのない暗さ、重さ、空しさを感じたりする事がないだろうか。

昨日迄、何事もなくエネルギッシュに活躍していた人でも、ある朝、突然に心に鉛のような重さを感じたり、ある人は心が空っぽになったようで気だるく、無気力で何も感ぜず、まるで自分でないようになってしまう事がある。

焦って何とかしようとやる気を出そうとするのだが、カラ回りして、なお暗い深みに落ちていく。心臓は速く打ち、冷汗が出たり、のどが渇いて呂律(ろれつ)がまわらなくなったりもする。病院に行けば確実にいろいろな病名をつけられて薬を沢山もらう事になるだろう。しかし、本当は病気の人はごく少ない。ほとんどの人は病気ではないのだ。

では何が原因でこのようになるのか。それは人間の内面のさらに深い根源的な霊であり「霊のいのち」の問題であるのだ。真面目な責任感の強い人ほどこうなるのもそのためである。正直で調子よく振まえず責任を全部しょい込んでしまう。その重荷に霊のいのちが完全に渇き切ってしまうのである。

しかし、これは本来の自分に気づくチャンスなのだ。「心の貧しき者」、「義に飢え渇く者」は幸いであるとイエスは言われたではないか。「人を生かすのは霊であって肉は何の役にも立たない」とも言われている。即ち、「パンではなく神の言葉」である。まずは霊の命を得る事であろう。
[PR]
by oume-akebono | 2008-08-31 23:55 | 週報メッセージ

d0126947_6242813.jpg

8月24日の午後、礼拝を終え昼食を急いでとって・・・
さぁ、いよいよ待ちに待った夏休みあけぼの子どもフェスティバルです!

春に結成し練習を重ねてきたPDC(Praise Dance Club)は今日はおそろいのTシャツを着て準備万端!!

まず始めにお祈りし、そして元気に賛美!!
礼拝堂に続くデッキの横にはテントが張られ、中ではカキ氷ポップコーンフランクフルトわたがしなどが売られました。子どもたち、カキ氷に長蛇の列です。
d0126947_6295544.jpg

ちなみにこのカキ氷は教会の久保さんのを撮らせていただきました!(久保姉有難うございます!!)

途中礼拝堂ではゲームの時間が。
d0126947_6322850.jpg

子どもたち、おおはしゃぎです(^o^)(^o^)
d0126947_6332447.jpg

さぁそしてPDCの発表!元気いっぱい神様を賛美していました。

他に中では工作コーナーゲームコーナースライム作りコーナーなどもあり、子どもたちは思い思いに楽しんでいました。
外ではス-パーボールすくいや、
d0126947_642726.jpg
お化け屋敷
も・・・・。
d0126947_6424073.jpg

子どもたちの嬉しそうな声や、悲鳴が響いた賑やかな、祝福されたひとときでした。
[PR]
by oume-akebono | 2008-08-28 06:46 | CS(教会学校)便り

8月24日  週報より

◆子供達の楽しい夏休みも残り少なくなって参りましたね。御元気ですか。本日も心からの礼拝を捧げ、上からの恵みを受けつつ御名を讃美いたしましょう。

◆本日の礼拝メッセージは第一・第二ともに森元國文執事が行います。毎晩東京バプテスト神学校に通いつつ、牧師としての準備をしております。祈りに覚え支えて下さいますようにお願い致します。

◆礼拝後のコーヒータイム、昼食等、良き交わりの時として皆様、御一緒いたしましょう。

◆本日午後2時-4時、「あけぼの子どもフェスティバル」(CS夏祭り)が開かれます。対象は幼児以上。かき氷、わたあめ、ゲーム、工作など楽しい催しを企画しています。どうぞお誘い合わせ、ご参加下さい。また皆様の御協力をお願い致します。

◆去る22日(金)、幼稚園では夏季お楽しみ会が開かれ、夏休み最後の思い出を御家族と共につくることができました。

◆次週は青年礼拝が開かれます。青年の方々は互いに誘い合い、予定しておいて下さい。
 

〈教会の祈り〉

①常にまず自分の内側を整える。
②教会を信じ、礼拝、祈祷会、献金を聖別する。
③牧師・信徒の信仰、霊性の深まり
④互いに牧会し合うセルの充実と拡大
⑤150人礼拝を信仰で観ること

[PR]
by oume-akebono | 2008-08-27 15:49 | 報告

(マタイによる福音書5:13-14)  大谷 唯信 牧師

「あなたがたは、地の塩である。世の光である。」

イエス・キリストを心の内に持つ者は、すでに神によって「地の塩」「世の光」とされているのである。自分の力によってではなく神によってそうされているのだ。「地の塩」となりなさいとか、「世の光」となるべきだと言っているのではない。すでにそうされているのである。

それは血筋ではなく、能力でもなく、人の計画でもない。ただ神によってである。
イエスの名によってバプテスマを受けた者は誰でも遠慮してはいけない。大胆に確信を持って「私は地の塩、世の光である」と宣言しようではないか。

自分の力でそうなったのであれば少し謙遜して余り言わないのが美徳かもしれない。しかし、そんな力のある人は世界中に誰もいなかったのである。ただイエスの十字架の福音を信じた者だけがその信仰によってそうされているのだ。

これは神の側の私達全人類に対する一方的な御計画であって私達が考え出したものではないのである。そうであるならば私達はもっと大胆に自分が「地の塩」「世の光り」である事を信仰によって自覚し熱く語るべきではなかろうか。
「心で信じて義とされ、口で告白して救われる」(ローマ10:9)のである。

告白しなければ信仰は働く事ができない。告白とは神の言葉を断言する事だ。その時、信仰は生きた力となるのである。「あなたがたの光を人々の前に輝かし、人々があなたがたのよい行いを見て、天にいますあなたがたの父をあがめるようにしなさい」(マタイ5:16)そうすれば信仰は生きた力となる。
[PR]
by oume-akebono | 2008-08-27 15:48 | 週報メッセージ

8月17日  週報より

◆猛暑の毎日、いかがお過ごしですか。子供たちの夏休みも後半に入ってきましたね。今日も共に礼拝できますことを感謝いたしましょう。互いの健康のため祈りましょう。

◆本日は第二礼拝で大坪博美姉の証し、バプテスマ式が行われます。心からお祝い致します。皆様も続いて祈りに覚えて下さい。

◆礼拝後のコーヒータイム、昼食等、良い交わりの時としてどなた様も御一緒いたしましょう。

◆本日は第三日曜日で美化デーの日です。昼食後、教会の内外の清掃に御協力をお願い致
します。

◆小羊会は本日、午後2時より図書室で行います。

◆今週、大谷牧師は夏休みとなります。次週の礼拝のメッセージは第一、第二礼拝とも森元國文執事が行う予定です。

◆毎週土曜日は早朝7時より、早天祈祷会を開いています。どうぞ御出席下さい。


<教会の祈り>

①常にまず自分の内側を整える。
②教会を信じ、礼拝、祈祷会、献金を聖別する
③牧師・信徒の信仰、霊性の深まり
④互いに牧会し合うセルの充実と拡大
⑤150人礼拝を信仰で観ること

[PR]
by oume-akebono | 2008-08-17 23:20 | 報告

(ヨハネ3:3)  大谷 唯信 牧師

「誰でも新しく生まれなければ、神の国を見ることはできない」

イエスが「新しく生まれよ」と語られた相手はニコデモと言うユダヤ人の最高の高貴な家系の者でありユダヤの国の70人からなる最高法院(サン・ヘドリン)の議員であった。徹底した律法主義に立つパリサイ派の長老である。
当時、自分より若いイェスを訪ねる所から見ても、まじめで誠実で謙遜な人物であることが、推察される。

どこから見ても非の打ち所のない程の人格者ニコデモであったが「新しくうまれよ」と言われたのだ。彼は生命がけで律法を守り神に仕える生活をしている者である。しかし、イエスの言われる事が分からなかった。

「あなたはイスラエルの教師でありながら、これぐらいの事がわからないのか」とさえ言われてしまう。イスラエルの教師であるなら当然、万物の創造者なる神、天地創造からの歴史、契約の律法、神の救いの出来事、すべてわかっている筈である。「肉から生まれる者は肉であり、霊から生まれる者は霊である」。これもわからなかったのだ。

これは私達にとっても重大な事である。即ち、肉にある者は霊の事はわからないと言っているのだ。ニコデモが永年得てきた律法、神についての学び、知識、生活、すべてが肉の領域のものであるから霊の領域を語ってもわからないと言う事である。「肉から生まれる者は肉であり、霊から生まれる者は霊である」のだ。

では、霊の領域に入るにはどうしたらよいのか。それは、イエスを知的理解するのではなく「イエスこそ私の救い主である」と信じる事なのである。しかし、信じていると思いながら知的理解に留まっているニコデモ信者が多い事に気をつけねばならない。肉は肉でしかないからである。
[PR]
by oume-akebono | 2008-08-17 23:00 | 週報メッセージ

8月10日  週報より

◆お元気ですか。本当に暑い日が続いてますね。夏休みで子供達とお出かけの方も多いことでしょう。今日の礼拝を感謝いたします。皆様と御一緒に心からの礼拝を捧げましょう。

◆本日は礼拝より午後にかけて夏の一日霊交会の日です。主にある交わりと学びの中でさらに豊かに成長する事を願っています。

夏の霊交会
テーマ「主の証人として」(使徒行伝3:1-16)
8/10礼拝に続いて午後5時迄「夏の霊交会」を開きます。私達がさらに霊性を深められ主の栄光を拝する生きた教会となるために主にある交わりを深め合いましょう。


◆礼拝後のコーヒータイム、昼食等、良き交わりの時となりますので、皆様も御一緒にいたしましょう。

◆次週17日(日)は大坪博美姉のバプテスマ式があります。どうぞお祈り下さい。尚、その他の方で求道やバプテスマのご希望のある方は、牧師をはじめ会員の方にご相談下さい。

◆小羊会は次週行います。


<教会の祈り>

①常にまず自分の内側を整える。
②教会を信じ、礼拝、祈祷会、献金を聖別する
③牧師・信徒の信仰、霊性の深まり
④互いに牧会し合うセルの充実と拡大
⑤150人礼拝を信仰で観ること

[PR]
by oume-akebono | 2008-08-10 23:42 | 報告

(マタイによる福音書 16:15)  大谷 唯信 牧師


「『それでは、あなたがたはわたしをだれと言うか』シモン・ペテロが答えて言った、『あなたこそ、生ける神の子キリストです』」

近頃、もっと「向き合う」べきだと言う言葉を親子、夫婦に対してアドバイスしたり耳にしたりする事が多くなっていると思う。そう言う目でまわりを見ると何と向き合う言葉が少ない事か。向き合った言葉には必ず何らかの衝撃が起こるものだ。

現代人はこの衝撃に耐えられないのではなかろうか。衝撃が起こらないようにしてしまう。第三者の話が一般論の出来事としてしまうのだ。そこには語った私もそれを受け取るあなたもいない。誰も怪我をしないで済むのだ。安全な中で会話だけが進む。

しかしこれでは人間不在であり、内容は正しくともつけっぱなしのテレビが数台並んで勝手に放送しているようなものである。これでは何時間話していても、まず触れ合う事は起きて来ないであろう。その点、イエスは何と見事に一人一人に向き合っていく事か驚くのである。

初めは弟子達に人は私の事を誰と言っているかと問う。弟子達は次々と先を争って自分の知っている所を述べる。得意にさえなる。これは何を言っても安全だ。一般論であり他人の事だからだ。自分に危険が及ぶ事はない。しかしこれは本論ではない。本論にいくための助走である。

ところがどうであろう。私達はこの助走のところで終止している事は無いだろうか。イエスは言われた「それではあなたは・・・」と切り込んだ。向き合ったのだ。瞬間に緊張が走る。沈黙が起こる。勇気を出してこれを受けたのはペテロであった。向き合ったのだ。実にここからのみ新しい人生の局面が現れるのだ。あなたは自分の人生を一般論の中に逃げ込む人生にしてはいないだろうか。
[PR]
by oume-akebono | 2008-08-10 22:42 | 週報メッセージ

8月3日  週報より

◆8月を迎えました。真夏となり暑い毎日が続いております。お元気ですか。子供達と楽しい夏の計画をたてている方もおられるでしょう。本日も皆様と共に心からの礼拝を捧げましょう。

◆第二礼拝のメッセージは森元國文執事がいたします。

◆本日は第二礼拝にて主の晩餐式がもたれます。私達の罪を完全に贖って下さったイエス・キリストの御業を感謝して心からお受けいたしましょう。

◆本日の第一礼拝は幼稚園のお友達の親子礼拝をいたします。子供達の成長と御一家の上に豊かな神の祝福がありますように祈ります。

◆礼拝後のコーヒータイム、昼食等、良き交わりの時としてどなた様も御一緒して下さい。

◆本日は、いづみ会が開かれます。会員の方は是非御出席下さい。

夏の霊交会
テーマ「主の証人として」(使徒行伝3:1-16)
8/10礼拝に続いて午後5時迄「夏の霊交会」を開きます。私達がさらに霊性を深められ主の栄光を拝する生きた教会となるために主にある交わりを深め合いましょう。



<教会の祈り>

①常にまず自分の内側を整える。
②教会を信じ、礼拝、祈祷会、献金を聖別する
③牧師・信徒の信仰、霊性の深まり
④互いに牧会し合うセルの充実と拡大
⑤150人礼拝を信仰で観ること

[PR]
by oume-akebono | 2008-08-03 22:00 | 報告