3月30日 週報より

◆梅の満開で週日観光客が到来する毎日でしたが、続いて桜が咲いてきました。私達はこの自然の美しい中で礼拝できるのですから何と感謝なことでしょう。今日も心からの礼拝を捧げ神を讃美いたしましょう。

◆本日の礼拝は「春の霊交会」としての礼拝です。礼拝後昼食をはさんで午後4時半迄の予定で開かれます。テーマは「セルグループのさらなる充実と発展」についてとし、学びと語りあいの時を持ちます。私達、青梅あけぼのキリスト教会が神の家族としてより健康的に成長する良きチャンスです。ふるって御参加下さい。

◆本日は板橋伝道所の皆様も来られております。良い交わりをなさって下さい。

◆C.Sの子供達のジョイジョイキャンプも祝され、無事に終わりました。お祈り感謝いたします。本日礼拝にて証しをしていただきます。

◆中高生のキャンプ、ジョイジョイユースは明日より3日間軽井沢恵みシャレーで開かれます。参加者は木下みさき、難波美沙貴、相馬ひかり、田中詩。リーダー 相山知寛です。

◆執事会は4月5日(土)午後8時からです。


教会の祈り

①牧師の信仰、霊性、牧会力向上
②互いに牧会し合うセルの充実
③皆が150人礼拝を信仰で観ること

[PR]
by oume-akebono | 2008-03-31 19:25 | 報告

(Ⅰコリント1:18)  大谷 唯信 牧師  

「十字架の言は、滅び行く者には愚かであるが、救にあずかるわたしたちには、神の力である。」

十字架の言とは十字架のイエスである。ゴルゴダの十字架のまわりには祭司、律法学者をはじめ多くの人々が近くでこの神の出来事、全人類に於いて一度だけの歴史的出来事が目の前で起きていたのだが、彼らにとっては全く無意味な馬鹿馬鹿しい出来事だった。パウロ自身そのように受け取っていた一人であった。

しかし復活の主に出会って目が開かれて見ると、ここにこそ神の深い愛の御業があることに気がついたのである。滅び行く者とはイエスを信じない者である。信じない者には全く愚かなこと。これは現代の我々の世界でも同じ事である。救にあずかるとは信じる者である。信じたその瞬間から神の生命が流れ込んでくる。人々は中々信じることができない。それは何とか生きよう、生きようとしているからである。

できる限り背伸びをし、より正しく、より完全に、より豊かにと、努力の繰り返しで遂には挫折である。イエスが「命を得ようとする者は失い、捨てるものが得る」と言われている通りである。イエスは生きようとして自分の命にしがみついたのではなかった。神の御心に従って自分の命を捨てたのだ。「十字架の死」を選んだのだ。それが「十字架の命」となったのである。十字架の死を通って復活の命、即ち神からの新たな命となったのである。

私達も本当に生きようとするならイエスと共に十字架の死を持って死ぬことである。「キリストと共に私は死んだ」と宣言する時に命が神の力となって与えられるのである。
[PR]
by oume-akebono | 2008-03-31 19:20 | 週報メッセージ

3月23日 週報より

◆梅が満開となりました。教会のまわりも、どこもかも梅の香りに満ちています。
皆様お元気ですか。今日も心から礼拝を捧げましょう。

◆本日はイースター礼拝です。イエスキリストが十字架の死からよみがえられた事を覚えての礼拝です。共に感謝し主を讃美いたしましょう。

◆第一礼拝は幼稚園の子供達とお母さん方との合同礼拝となります。子供達とお母様方が一緒に礼拝に与る事は子供達の心にも大きな安心を与える事になるでしょう。

◆本日は第二礼拝後の昼食は各自の持ち寄りの愛餐会となります。どなた様も御一緒に参加して下さい。互いにお誘いし歓迎いたしましょう。

◆食事後、教師会を開きますので教会学校の奉仕者はお集まり下さい。

◆早天祈祷会
受難週の早天祈祷会は先週の火曜日より今朝迄、毎朝行われました。感謝です。これからは毎週土曜日のみ朝7時より早天祈祷会をいたします。覚えて御出席下さい。
 祈る教会、祈る人になりましょう。

◆次週は「霊交会」が開かれます。礼拝から午後4時半迄を予定しています。
主にある学びと交わりの時といたしましょう。どなた様も御出席下さい。

◆今週26日(水)~28日(金)小学生のジョイジョイキャンプが行われます。相山憲司兄が送り迎えを車でいたします。お祈り下さい。又、このために献金をお願いしております。御協力下さい。

◆今週土曜日(3月29日)午後8時より、執事会が開かれます。

◆幼稚園の卒業式が18日(火)、ひよこ組終了式が19日(水)に祝福のうちに行う事ができました。感謝いたします。


教会の祈り

①牧師の信仰、霊性、牧会力向上
②互いに牧会し合うセルの充実
③皆が150人礼拝を信仰で観ること

[PR]
by oume-akebono | 2008-03-26 16:16 | 報告

(Ⅰコリント15:55)    大谷 唯信 牧師

「死は勝利にのまれてしまった。死よ、お前の勝利は、どこにあるのか」

イエスは死からよみがえり、死を打ち破り私達の救い主となって下さった。
これは神の御計画通りであったのである。人々は寄ってたかってイエスをたたき、軽蔑の罵声を浴びせかけ十字架にはりつけにした。「そして十字架からおりて来い、そうしたら信じよう」(マタイ27:40)と叫ぶのである。

何とこれはイエスが公生涯に入られる時、荒野でサタンの言う、宮の頂上から「もしあなたが神の子であるなら、下へ飛び降りてごらんなさい」(マタイ4:5)と言った誘惑と同じものであった。
今日に至っても多くの人々が同じ事をいい、「そうしたら信じよう」と叫ぶのである。

彼らはイエスの死の深い意味を知ろうともせず十字架抜きの美しい感動的な愛を求め、人知れず目立つ事無く個人的に愛と平安に満たされ、悩みも悲しみもなく豊かな人生となるなら信じてもよい等と言う人々である。
しかし、十字架のイエスとはイザヤが語っているいるように「彼には我々の見るべき姿はなく、威厳もなく、我々の慕うべき美しさもない。彼は侮られて人に捨てられ…」と、事の起こる700年も前に預言された歴史的なしかも神の出来事なのである。

何故それほどまでにして神はイエスの十字架を我々に伝えようとするのか。それはイエスの醜い十字架の姿こそ私達の罪の姿そのものとして示されたのだ。イエスの十字架の死は、実に今の「わたし」の姿なのである。それを身代わってイエスが十字架の死を受けて下さったのだ。この愛を受け取って生きよと神は私達に懇願されているのである。
[PR]
by oume-akebono | 2008-03-26 16:10 | 週報メッセージ

d0126947_20193157.jpg

今年のコーヒー販売も、毎週末ともお天気に恵まれ、神様に守られて無事に行うことができました。梅祭りは9日でしたが梅の蕾にはちょっと早く、まさしく今日~今週が梅の見頃です。

土日・・計6日間のコーヒー販売では多くのお客様をお迎えし、とても忙しく、でも楽しい時を過ごしました。年々準備の手際もよくなり、そして相山憲司兄が丁寧に淹れるコーヒーは今年もとても美味しくて、この時を神様が祝福して下さるのに心から感謝です。
礼拝堂の入り口がお店の顔!こちらでメニューを伺いました。

道路向かいの梅も満開!
d0126947_20212956.jpg

この後どんどんお客さんが増えて、テーブルを足したり、デッキから長いベンチを5つも足したりして対応しました。
d0126947_2023056.jpg

こちらはお隣「紅梅苑」さんの紅梅。梅見をしながらの奉仕は素晴らしかったです。
d0126947_2024456.jpg


さて。今週は受難週。日曜日はいよいよイースター礼拝です!
教会学校でも卵に絵付けをして、その模様を競うエッグコンテストなど、楽しい企画も用意してあり、また今度は親子礼拝になっています。
子供達の賛美が楽しみですね!
[PR]
by oume-akebono | 2008-03-18 20:30 | 行事

3月16日 週報より

◆急に暖かくなりました。梅もほぼ満開のようです。
今日も皆様と共に礼拝ができますことを感謝いたします。心からの賛美と感謝を捧げましょう。

◆礼拝後のコーヒータイム、昼食等、できるだけ御一緒いたしましょう。


◆コーヒー販売は昨日も行われました。天候にも恵まれ沢山の方々が訪れました。御奉仕をして下さった方々に感謝いたします。板橋伝道所からも3人の方が見られました。

◆本日もコーヒー販売をいたします。少しの時間でも御協力いただければ感謝です。

◆先週12日(水)は幼稚園の父母会で教会の礼拝堂、幼稚園の建物等をきれいに大掃除いたしました。感謝いたしましょう。

◆今週より受難週に入ります。18日(火)より毎朝早天祈祷会教会を6時より開きます。
21日(金)午後8時より受難日礼拝をいたします。どうぞ御出席下さい。

◆小学生・中学生のための春のキャンプが軽井沢の恵みシャレーで開かれます。リーダーを含め10人が参加します。そのための献金をお願い致します。目標額は15万円です。子供達の成長のためにお祈りと献金の応援をお願い致します。

◆あけぼの幼稚園では今週18日(土)卒園式が行われます。

◆霊交会は3月30日(日)、礼拝に続き午後4時までです。


<教会の祈り>

①牧師の信仰、霊性、牧会力向上
②互いに牧会し合うセルの充実
③皆が150人礼拝を信仰で観ること

[PR]
by oume-akebono | 2008-03-17 18:07 | 報告

(イザヤ書53:5)  大谷 唯信 牧師

「彼(キリスト)は我々のとがのために傷つけられ、我々の不義のために砕かれたのだ。彼はみずから懲らしめをうけて、我々に平安を与え、その打たれた傷によって、我々はいやされたのだ。」

預言者イザヤはキリストが十字架に掛けられる700年も前にキリストが全人類の救い主として来られ私達のために苦難を受けて下さったという事を実にリアルに預言している。現代社会に至るまでの永い世界の歴史は、唯一創造主なる神が私達人間をいかに愛し救おうとされてきたのかの壮大なドラマであろう。

聖書もキリストもキリスト教をつくるために生まれたものではない。人間を罪から救い、根源的な生き方、神のいのちを与えるためであり、神からの一方的な啓示として与えられたものである。人間の一番の問題は自己を基準とした所謂自己中心の生き方をしているため、自分の罪が死に価するほどひどいものとは思っていない事である。
それぞれに自分なりに正しいと思っている。

しかし聖書は次のように述べている。「義人はいない、ひとりもいない。悟りのある人はいない、神を求める人はいない。すべての人は迷い出て、ことごとく無益なものになっている。」(ローマ3:10)と。
自覚症状のない事が罪の特徴なのだ。あなたはどうだろうか。キリストの十字架の姿を見よ。
イザヤは語る。「彼には我々の見るべき姿はなく、威厳もなく、我々の慕うべき美しさもない。
彼は打たれ、神にたたかれ、苦しめられたのだと。」これこそ神の目から見た私の姿なのである。キリストが代わって死んで下さった。「それは御子を信ずる者が永遠のいのちを得るためである。」
[PR]
by oume-akebono | 2008-03-17 18:05 | 週報メッセージ

3月9日 週報より

◆厳しい寒さもやわらぎ暖かい春を感じさせるこの頃です。卒業、入学などの準備に忙しい時でもあります。お元気でしょうか。今日も皆様と共に心からの礼拝を捧げ主を賛美いたしましょう。

◆礼拝後のコーヒータイム、昼食等、なるべくご一緒いたしましょう。

◆本日は礼拝後、2回目のコーヒー販売をいたします。会場造り、販売、片づけ等に御協力下さい。皆で楽しく協力し合って主のために奉仕をいたしましょう。

◆尚、今週土曜日(15日)、次週日曜日もコーヒー販売の予定です。御協力よろしくお願い致します。

◆森元國文兄は東京バプテスト神学校を卒業され、次に専攻科に進まれます。先週の臨時総会にて教会推薦がなされました。今後の学びのためお祈り下さい。

◆今週14日(金)は東京バプテスト神学校の卒業式が行われます。

◆12日(水)午後3時より青梅市内牧師会が開かれます。

◆来週は受難週に入ります。18日(火)-23日(日)教会にて早天祈祷会が開かれます。今から覚えてお祈り下さい。

◆霊交会3月30日(日)朝の礼拝から午後4時迄の予定です。新年度を迎えるためにも共に祈り励まし合いましょう。

◆小学生、中学生の春のキャンプがそれぞれ軽井沢で開かれます。8人の子供達とリーダー2人で計10人の参加者が与えられました。15万円の援助が必要です。子供達を育てるためにどうぞ祈りと献金の応援をお願いします。


<教会の祈り>

①牧師の信仰、霊性、牧会力向上
②互いに牧会し合うセルの充実
③皆が150人礼拝を信仰で観ること

[PR]
by oume-akebono | 2008-03-09 17:09 | 報告

(申命記30:14)   大谷 唯信 牧師

「この言葉はあなたに、はなはだ近くあってあなたの口にあり、またあなたの心にあるから、あなたはこれを行うことができる。」

この言葉とは神の言葉であり私たちに対する約束の言葉である。
私達は常に礼拝に於いて、又、聖書を読む事によって神の言葉を聞いている。しかし聞くだけでは何も変わらない。もし、御言葉が「口にあり、また心にある」なら、あなたはこれを行う事ができると言うのだ。

即ち「心で信じて義とされ口で告白して救われる」である。「私にはできない」と言った瞬間、あなたは負けである。人は自分で語る言葉に支配されるからだ。それだけに命の世界では信仰の言葉が大切なのである。失敗を語れば失敗に支配され、恐怖を口にすればますます恐怖におののく事になる。だから私達は信仰によって大胆に勝利を宣言しようではないか。

多くの人が答を感じないと信じようとしない。又、信じられるようになったら信じようと言って何年も待っている人もいる。信仰は信じる事に決める意志的決断から始まるのである。心で信じて口ではっきりと宣言した時、神のいのちが動き出すのである。あのローマの百卒長は病気の部下のためにイエスに言った。「ただ、お言葉を下さい。そうすれば僕はなおります」と。心で信じて口で宣言したのである。

イエスは「これほどの信仰は見たことがない」と非常に喜び感心され、「行け、あなたの信じたとおりになるようにと言われた。すると、ちょうどそのときに僕はいやされた」と聖書は語る。この信じた御言葉にこそ神のいのち、神の力が働く事を知ろうではないか。
[PR]
by oume-akebono | 2008-03-09 17:04 | 週報メッセージ

3月2日 週報より

◆寒さはまだ厳しいですが、三月を迎えました。受験、卒業、入学等の忙しい時期ですね。主の最善を信じつつ、今日も心からの礼拝を捧げましょう。

◆本日は第二礼拝にて主の晩餐式が行われます。私達を罪の奴隷から解放して下さるため十字架の死をもって贖ってくださったイエス様の御苦しみを覚え、愛に感謝しお受けいたしましょう。

◆礼拝後のコーヒータイム、昼食等ご一緒にいたしましょう。良い交わりとなる事でしょう。

◆本日は昼食後いづみ会があります。コーヒー販売は昨日より始まりましたが、本日も状況によっては行うかも知れませんが、様子を見ながら決めて参りましょう。とうぞ御協力ください。

◆昨晩は新旧合同の執事会が開かれました。新年度の執事の方々を覚えお祈り下さい。

◆4日(火)東京連合委員会が開かれ、大谷牧師、相山執事が参加いたします。(午後6時半より 於 大久保教会)

◆8日(土)午前10時より目白ヶ丘教会にて東京連合主催の教会教育研修会が開かれ、当教会より7名のC.S.教師の方々が出席いたします。お祈りに覚えて下さい。

◆教会での主な集会である礼拝と祈祷会は皆で大切にし、出席するようにいたしましょう。

◆3月30日(日)は春の霊交会が開かれます。

<教会の祈り>

①牧師の信仰、霊性、牧会力向上
②互いに牧会し合うセルの充実
③皆が150人礼拝を信仰で観ること

[PR]
by oume-akebono | 2008-03-08 16:58 | 報告